sponsored Link

ホテル リッツ マドリードのクラッシク ダブルルームのお部屋

前回のマドリッド滞在ではモダン&スタイリッシュなウルバンに泊まったので

madrid

今回は正統派ホテルでちょっと優雅な雰囲気を味わいたかった

madrid

プラド美術館の隣にたつHotel Ritz Madrid

madrid

20世紀初め、欧州各地を歴訪した国王アルフォンソ13世、
マドリッドには王侯貴族をもてなす迎賓館的ホテルがないことに気付く

madrid

そしてホテル王セザール・リッツに依頼して1910年華麗にオープン

madrid

100年以上と確かに古いのだけど、歴史を感じるこのホテルには今でも要人が泊りにくるそう

madrid

エレベーター脇に置かれている電話もクラッシク

madrid

部屋はクラッシク・ダブルルーム

madrid

最初に通された部屋は何だか匂う・・・・
スーツケースを届けてくれたポーターに言ったら5分もかからず違う部屋へと案内された
この辺の対処は流石

madrid

部屋の階数は上がったが、シャワーブースは独立してなく、バスタブだけになっていたのはしょうがない・・・・

madrid

ずっしりと重い部屋の鍵
部屋のサインも人形が可愛らしい
至る所にホテルのマークが入っているのだけど、ベッドリネンまでもホテルのマークが刺繍されている

madrid

週末は少しがやがやしているけど、
平日の早い時間は人も少ない、
クラッシクミュージックが静かに流れる
優雅な朝食

madrid

唯一のレストラン”Goya”ヴァレンタインの日は予約で満席だったので、ヴァレンタイン・イブはここで
ゴヤも朝食もそうだけど、暖かくなったら春夏は外のテラス席が気持ち良いだろう・・・

madrid

ラウンジではアペリティフや

madrid
午後茶にホットチョコレート&シュロス

2度目のマドリッド、観光もそこそこにゆっくりと優雅な滞在になった

 

 

ランキングに参加しています、ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK