ヴェルサイユ宮殿の離れ、トリアノン宮

シャトー・ヴェルサイユの本殿からフランス庭園を抜けて、離れの隠家のグランド・トリアノンまで・・・
と思ったのだけど、結構な距離なので

ヴェルサイユ

敷地内を周遊するプティ・トレインに乗って

ヴェルサイユ

グランド・トリアノンの門は、若草色×ゴールドのマカロンで有名なラデュレの色!

ヴェルサイユ

ルイ14世が寵姫マントノン夫人と過ごすために築いた離宮は逢引の為の隠家だった

ヴェルサイユ

ナポレオン・ボナパルトも、この宮殿の修復を命じ、
妻のマリー・ルイーズとともに何度も滞在したという

沢山の大理石がで作られた柱廊

沢山の大理石で作られた柱廊

CIMG1446

そして、少し離れた所にあるルイ15世が建てたプチ・トリアノンは、
これまた、寵姫ポンパドゥール侯爵夫人の為だった。

でも夫人は完成前に亡くなってしまって、
次の寵姫デュ・バリー夫人と過ごしたとか・・・・・・まってくねぇ~

マリーアントワネットのベッド

マリーアントワネットのベッド

そしてルイ16世から贈られたプチ・トリアノンは、
マリーアントワネットにとっては宮廷の礼儀作法から逃れる親密な隠れ家で、
招待されていない人は、誰もこの場所に足を踏み入れることはできなかったんだそう
ここでの自由奔放な日々、宮廷人の反感を買い、浪費ぶりに民衆の反発集める事になったのは
誰もが歴史の時間に習う事

ヴェルサイユ

マリーアントワネットがプチ・トリアノン裏に作った田園風景は

ヴェルサイユ

小川が流れ、小路は緩やかに蛇行していて、
庭ではなくて村!

ここ、王妃の村里で畑を耕したり、村人ごっこをしていたらしい・・・・

ヴェルサイユ

プチ・トリアノンからまたトレインに乗って本殿まで戻ろうかとも思ったけど、

ヴェルサイユ

また雨が降り出す前にと
この道をまっすぐトリアノンの門まで歩く事にした。(滞在していたホテルがこのゲートの横なので)

ヴェルサイユ

徒歩20分、滞在していたトリアノン・パレスに着いた

 

ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK