素敵!アントワープの中世の小径で16世紀にタイムスリップしてランチしよう!

素敵!アントワープの中世の小径で16世紀にタイムスリップしてランチしよう!

もう8月も終わりと言う頃になって、再び夏の陽気になったベルギー。
ブリュッセルから車でアントワープへ出かけた。

何度か来ているアントワープだけど、案内するほど良くも知らない街。
今回はアントワープが初めてだと言う友達を連れての遠足!
向かったのは私も初めての中世の小径。

大聖堂の裏辺りと言うのだけ頭に入れて来たけれど、どうにも見つからない。
レストランの開店準備しているお姉さんに聞いたら、「あぁ~それね!とっても小っちゃな通りよ」と
教えてくれた。

oude koornmarkt 16の入口にはVlaeykensgangと書かれていた。

路地の中に入って行くと、わぁ~・・・・・アイアンのベンチがカワイイ!!

振り返れば、白壁に赤いジェラニウムの花に蔦の葉が絡まって、雰囲気満点!

時代感じるポンプ。でもこの小さなポンプひとつがここの住人の水源だったみたい。

なんだか北京の胡同(フートン)のヨーロッパ版!

煉瓦、アーチ、小窓、ベンチ・・・・・人通りもあまりなくて、雰囲気最高!

奥に進むと可愛らしいレストランがあった。

カワイイ・・・・・♡
一瞬で気に入って、ランチ場所に決定!

予約していないのだけど大丈夫ですか~と聞くと、ノープロブレムと中庭に案内してくれた!

今日最初のお客だった様で、好きな所に座って~って。

この雰囲気、女性は絶対気に入るはず!

年甲斐もなく、カワイイを連発してしまった・・・・

ランチにはサラダをチョイス。
グリルした山羊のチーズは表面がキャラメリゼされていて美味しい。

この小径には他にもレストランがあって、こちらは’T HOFKE
レストランのサイトを見ると、小径の歴史が書かれている。

要約すると、今では中世の趣があって素敵な小径も、16世紀当時は靴づくり職人たちの住居が密集する路地で、
貧しく衛生的にも最悪だったらしい・・・・
19世紀の終わりにはこんな路地が街の中に沢山あったけど20世紀に入って小路が壊されていく中、
このVlaeykensgang(フラーイケンスガング)は再開発を逃れ、アントワープの街に残った一角なんだそう。

街歩きもショッピングも楽しいアントワープ。
もっと頻繁に来たい!

 

 

ランキングに参加しています、ポチっとclic↓お願いします!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK