sponsored Link

体長25m超のシロナガスクジラが大迫力!ロンドン自然史博物館

体長25m超のシロナガスクジラが大迫力!ロンドン自然史博物館

滞在していたホテル インディゴ ロンドン ケンジントンからブラブラ歩いて向かったのは、サウスケンジントンにある自然史博物館。以前から大英博物館並に興味深いよ!と聞いてはいたので、ホテルから歩いて行ける距離ならと散歩がてらに行ったのだ。

ちょうど夕暮れ時で、西日が当たって輝いてる見える重厚感たっぷりな建物が見えて来た。
それが目的地の自然史博物館だった。かなり大きな建物だ。

私達二人共ハリーポッターは一切読んだ事も観た事もないのに、何だかハリーポッターとかに出てきそうな建物だね~って・・・・・苦笑・・・・

さすが大英帝国!な威厳ある建物がカッコいい
閉園1時間前だったので、列も出来てなくてすんなり入れた。

荷物検査を受け、中に入ると目に飛び込んできたのは巨大なクジラの骨格


口をズームにすれば、飲みこまれそうで怖くなるほどデッカイ!

昨年2017年秋頃に恐竜からこのシロナガスクジラに変わったばかりだと言う

天井からつるされたクジラはまるで館内を泳いでいるみたい!

近くにあったマンモスなんか霞んでしまうほど、それくらいインパクトが大きい!

建物の内部も柱やアーチがほの暗さも手伝ってとてもエキゾチック!こういった雰囲気大好き!

上から見るシロナガスクジラ。下にいる人達と比べるとどんなに大きいかが分かる。
海で泳いでて突然こんなクジラが目の前に現れたらビックリするよね~
と言うか、怖すぎる・・・・・

このクジラには名前があってHOPE君と言うらしい。
まだ絶滅していない種の保護を呼びかける事がテーマらしい・・・・

骨格標本だけじゃやなくて、鉱石の展示や動くT-REX

ゾーンごとに色々な展示があるので、大人から子供まで本当に楽しめる博物館。
私的にはエントランスホールがとっても気に入ってしまった。入場料無料だものまた来たい!

 

 

ランキングに参加しています、ポチっとclic↓お願いします!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK