sponsored Link

かつてのオランダ東インド会社の港町だったホールン

懐かしのフォーレンダムで旬のマーチェスを食べた後は、同じマルケン湖沿いのホールンへと向かった。
グーグルマップを見て、どこか散策出来るところがあればと近場を探していたら、
少し大きめのマリーナがあったからと言うそれだけの理由・・・・

チーズで有名なエダムの町を流れる運河を横目に車で30分程の所。

マリーナの近く、運河の流れるコーレンマルクトに車を停めて散策開始!

予備知識も何もないまま来た街だけど、なんだか面白そう!
跳ね橋に緑豊かな公園に沢山のヨットが行き交うマリーナ

wikiさんによると、17世紀にはオランダ東インド会社の重要な港の一つだったのだとか・・・・

雲一つない青い空に階段状の切妻屋根が映える

マリーナから今度は街の中心へと歩いてみる

このお天気だもの、テラス席が賑わっていたローデステーン。

赤い鎧戸の変わった建物は昔の計量所、そこが今はレストランになっている。

教会のドームや塔も結構立派!

きっと今より昔の方が栄えていたんだと思う。

良く歩いて喉も渇いた!
ビール休憩には運河沿いのRestaurant – Lounge de Bourgondierにて

運河に浮かぶボートがテラス席になっていたのだ。

ベルギーのビールに比べたら美味しさは今一だけど、良く歩いた後の最初の一口は最高!プッハァ~

おつまみに一口コロッケとソーセジ。

日本からわざわざ来るような街ではないけれど、天気の良い日にベルギーとはまた違った雰囲気の町歩きはやはり楽しい。

日本からの旅行ならば、春にキューケンホフでチューリップ、そしてザーンセスカンスで風車村を見た後にでも時間があったら寄ってみるのもよいかもしれない・・・・

 

 

ランキングに参加しています、ポチっとclic↓お願いします!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK