sponsored Link

ギリシャ土産にグリークサフランの入ったハーブティはいかが?

アピヴィータと2分するギリシャのナチュラルコスメのコレスとサフランで有名なギリシャ北部マケドニア地方にあるコザニ市が共同開発して作ったハーブティーはアテネに行く度に好きで良く買ってかえるお茶。

サフランと言えばパエリアやリゾットに使うぐらいのスパイスの1種と思われがちだけど、サフランの効能は冷え性、更年期障害、月経困難、無月経、生理痛、生理不順、ドロドロ血液をサラサラにして血行改善、高コレストロール抑制、うつ病、リューマチ,etc・・・と、特に婦人科系に発揮しそうなハーブ。

勿論アテネの空港では一番高価なハーブと言われるサフランも買える。

クロコス コザニス プロダクツのハーブティは発売されたころは全7種
レモン&スペアミント、ジンジャー&リコリス、ハニー&オレンジ、シナモン&クローブ、ローズマリー&タイム、セージ&レモンヴァーベナ、ミント&レモングラスだったのだけど、最近ローズ&パイナップル、アプリコット&マンゴーの2種が増えて全9種になった。(勿論全てサフランが入っている)

全部飲んだことが&あるけど、好きなのは万人受けするハニー&オレンジ。  寒い冬にはシナモン&クローブもイイ!ローズ&パイナップル、アプリコット&マンゴーは夏に冷たくして飲んでも美味しい。

空港にも数種置いてあるけれど、ギリシャのスーパーマーケットAB(アルファーベーター)では全種あるので、時間がある人は覗いてみると良いと思う。


ランキングに参加しています、ポチっとclic↓お願いします!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK