sponsored Link

隠家 タグが付けられた記事一覧を表示しています。

Amangiri アマンギリで食べる朝食

Amangiri アマンギリで食べる朝食

アマンギリでの朝食は勿論お部屋でも食べられるけれど、やっぱりメインビルディングにて! 朝からサンサンと注ぐ日差し いつ見ても美しいメサ 席に着くとまずは新聞のコピー 朝のドリンクもスムージーからホットチョコレートまで色々 ホットチョコレートは冬にはオーダーいっぱい入りそうね~ やっぱりフルーツはmust、 そしてバナナ...Read More
Amangiri 9月のアマンギリで夕暮れ時の簡単トレッキング♪

Amangiri 9月のアマンギリで夕暮れ時の簡単トレッキング♪

広大な敷地内に初心者からプロ並みと色んなトレッキングコースがあるアマンギリ。 毎朝と毎夕にはガイドと回る無料の簡単トレッキングがあると言うので、夕方のコースに参加してみる事にした。 地図を見ても敷地内にはアンテロープキャニオンの様な鉄砲水が作ったスロットもあったり、洞窟に橋と面白そうなトレッキングコースが一杯! メイン...Read More
Amangiri 大迫力!太古の岩がせまる美しいアマンギリのプールサイドでランチ♪

Amangiri 大迫力!太古の岩がせまる美しいアマンギリのプールサイドでランチ♪

太古からある古~い岩を囲む様にしてある素敵なアマンギリのプール。 滞在中何処も行かない時はほとんどココで過ごしていた。 (囲んだ部分が近くにある観光地、ホースシューベンドっぽくも見えるんだけど・・・・) 何処からも見ても迫力のある存在感バツグンの岩   陽が当たっている部分は暖かいけど、陰になっている部分の水...Read More
Amangiri  絶景が目の前!アマンギリのメサ ビュー スィートのお部屋

Amangiri 絶景が目の前!アマンギリのメサ ビュー スィートのお部屋

アマンギリのリゾート内は大自然、雄大、壮大とか、とにかく”大”が付く形容詞しか思い浮かばないほど 何処を歩いていても大きく美しい景色が目に飛び込んでくる。 特等席の反対側に目を向けるとヴィラが並ぶエリアだ   少し坂になっている道を歩いていくと今回私達が予約したメサ ビュー スィートのお部屋に到着。 メサ ビ...Read More
Amangiri アメリカ西部の壮大な渓谷に佇む隠家アマンギリにチェックイン!

Amangiri アメリカ西部の壮大な渓谷に佇む隠家アマンギリにチェックイン!

アアリゾナ州の州都フェニックスの空港からフラッグスタッフで1泊し、壮大な風景を感じながらのロードトリップ。 着いた先はカメレオンさながらに周りの岩に溶け込むようにして渓谷の中に佇むアマンギリ。 9月のペイジ付近、日中の気温は30度近く上がったけれど、とても乾燥しているのでさほど暑さは感じない。 車寄せの部分、この裏がア...Read More
Amangiri   ”Wow”が止まらない! アマンギリへのアプローチがすでに超絶景

Amangiri ”Wow”が止まらない! アマンギリへのアプローチがすでに超絶景

インドのアマニカスでテントに泊まりながらタイガーサファリを楽しんだ後、 リゾートに必ず置いてあるアマンの写真集を見ながら次はユタ州のアマンギリで大自然を満喫したいと願っていたら、それから約2年後にアメリカ西部に行くチャンスがやって来た! 大きなレイクパウエルを横目に更に道を進んでいく。 大きUTAHと書かれた看板が見え...Read More
Amanzoe アマンゾイのプールパビリオンのプライヴェートプールテラス

Amanzoe アマンゾイのプールパビリオンのプライヴェートプールテラス

アマンゾイの広い敷地内、パビリオンまではちょっとした散歩道。 設計はエド・タートル。 ケリー・ヒルと並びアマンリゾーツを手掛ける天才建築家。 スタッフたちがパルテノンと呼ぶメインの建物 言われてみれば、そんな感じ! 各パビリオンのドアも薄いマーブルがはめ込まれているんだけど、 薄く切り出されたマーブルって割れやすいから...Read More
Amanzoe 美しいアマンゾイのライヴラリー

Amanzoe 美しいアマンゾイのライヴラリー

客室内以上にマーブルの美しさに圧倒されるアマンゾイのライブラリー ライトグレーのマーブルが床から壁一面に敷き詰められているけれど、 不思議と無機質とか冷たい感じがしないのは、木と間接照明のぬくもりがあるからなのかも・・・・   天井がとても高いからホント神殿にでもいるみたい・・・・   ビジネスコー...Read More
Amanzoe ギリシャのアマンリゾート、アマンゾイにチェックイン!

Amanzoe ギリシャのアマンリゾート、アマンゾイにチェックイン!

アテネのセカンドハウスから車で2時間半、 ペロポネソス半島のオリーブ林に囲まれた丘の上に佇むアマンゾイに到着したのはお昼を少しすぎた頃だった。 ゲートの前に車が停まるとすぐにスタッフが出て来て、 名前を告げると「ようこそアマンゾイへ!」と言われ、ゆっくりとゲートは開いた。 ペロポネソス半島も古代劇場跡で有名なエピダウロ...Read More
Aman-i-khas  アマニカスのテントで過ごすグランピングな休日

Aman-i-khas  アマニカスのテントで過ごすグランピングな休日

最近はグランピングが流行っていると聞く・・・・ グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた新しいキャンプスタイルを表す造語らしいのだけど、 アマニカスはまさにグランピングの元祖とも言えるかもしれない 14㌔㎡の敷地に10の客室テント ムガール様式の天蓋付きテントの広さは108㎡ 鍵は...Read More