雲南省 タグが付けられた記事一覧を表示しています。

”Shangri-la”という響き

”Shangri-la”という響き

19世紀~20世紀初頭は、チベットはよそ者の侵略を恐れて外国人の入国を嫌っていた。 それが一層神秘性を帯びて、行きたくても行けない場所になったみたいだけど・・・ それから中国の軍事侵略があり、その後徐々に非公開地区から公開されてきているけど、 今でも外国人は入境書の取得が必要だし、時期によっては入れない事も多々ある。 ...Read More
Songtsam Hotel-Shangri-la,ソングツアム ホテル

Songtsam Hotel-Shangri-la,ソングツアム ホテル

シャングリラでのホテルを検討していた時に候補に挙がっていたのはバンヤン・ツリーかアンサナ。 でもこの二つは町から車で更に30分程行った所にあるので少々不便。 長い滞在だったら、そこでシャングリラの自然を堪能するのもいいけど、 たった2泊なので、便利で素敵な所となると・・・このソングツアム お寺の先を奥に進んで行くと チ...Read More
香格里拉 ~シャングリラのミニ・ポタラ宮~

香格里拉 ~シャングリラのミニ・ポタラ宮~

シャングリラのプチポタラ宮とも言われるゴンパ(お寺) 古城からお寺の入口まで路線バス(No.3)が出ていて、便利だし1元と安い! 辺りには小さな村 お寺の前が池と言うか、湿地帯になっていて、   僧侶が来るだけで、餌がもらえると分かってる水鳥達がガァ~ガァ~と寄って来るのが可愛い   池を囲む遊歩道...Read More
香格里拉 ~シャングリラ最大の放牧地、ナパ海~

香格里拉 ~シャングリラ最大の放牧地、ナパ海~

山に囲まれた大きな草原は春夏には湿原となって緑に覆われ、 シャングリラ最大の放牧地になる。 乗馬を楽しむ人もあちこちで見かけた ピンクや紫、黄色の花の絨毯 しばし、ここでシャングリラをガイドしてくれた四川省チベット族自治区出身の子とガールズ・トーク 両親は未だロマの生活をしていて、冬の間以外は放牧を繰り返しながらのテン...Read More
香格里拉 ~シャングリラの古城散策~

香格里拉 ~シャングリラの古城散策~

100年以上の歴史があると言う香格里拉の古城 昔は地元住民が住んでいたけど、ここも麗江の古城と同様に土産物屋にレストランが並ぶだけになっている 茶馬古道の宿場町だったこの場所、もちろんゲストハウスもたくさん見かけた。 街の中心の四方街ではモクモクと煙をたてながら串焼き等が焼かれていてる この四方街は夜になるとテントが引...Read More
麗江から香格里拉へ

麗江から香格里拉へ

麗江のホテルで見かけた一枚の写真は一面菜の花に覆われていた。 菜の花って春先に咲く物とばかり思っていたら、 早春と早秋に咲くんだそうで、今が丁度その時期。 ホテルを出発する前に、此処はどこ?と聞いたら、 湖の近くだと言う。 これから香格里拉へ向かうと話したら、その道中で見られると言うので楽しみにしていた。 この日の朝は...Read More
感動了! チャン・イーモー氏プロデュース印象・麗江

感動了! チャン・イーモー氏プロデュース印象・麗江

チャン・イーモー氏プロデュースの屋外パフォーマンス! 玉龍雪山をバックに選ばれた少数民族の村人400名が歌って踊る   桂林の山水画の様に重なる山々を背景にし、夜に行われるパフォーマンスも神秘的で良かったけど、 ここでは雄大な山を背に大スペクタル! カラフルな民族衣装   自然と一体となって結構感動...Read More
麗江 ~神々が暮らす山のふもとで~

麗江 ~神々が暮らす山のふもとで~

私達二人のプライヴェートツアー、昆明から麗江までの運転手さん(回族)からバトンタッチし、 今度は白族の運転手さんに麗江から香格里拉までお世話になる。 ナシ族が崇拝する神々様が暮らすと言われている玉龍雪山 雲や霧に覆われている事が多くて、夏は特に山の全景が見える事はほとんどないそう・・・ 麓にある小さな村を歩いた 石で造...Read More
麗江 ~灰色瓦屋根の海!麗江古城散歩~

麗江 ~灰色瓦屋根の海!麗江古城散歩~

大理から山を超え谷を越え、辿り着いた麗江の古城。 サクッとランチを食べて、さっそく散策開始! チベット系少数民族のナシ族が古代より使っていた象形文字の様な”トンパ文字”が残る街   雲南省を旅する前に昆明出身の女の子から、麗江古城はとにかくスゴイ人だよ~と聞かされていた。 夜からは特に川沿いバーの並ぶ通りはう...Read More
大理 ~田んぼの中の古民家Linden centreに泊まる!~

大理 ~田んぼの中の古民家Linden centreに泊まる!~

大理の喜州村の大きな田んぼにポツンと立つのが今回の宿   典型的な大理の大きなお家で、入口は壁に囲まれて狭い。 楊さんの古い家をリノベートした宿 四合院の様な中庭が3つ並んでいる、 翌朝メインの中庭には少数民族の刺繍が綺麗に並べられてあった(←売り物) 彼女らが一つ一つ丁寧に作った物 綺麗な色に綿密な刺繍 お...Read More