sponsored Link

オイスターを求めてカップ・フェレへ

ブドウ畑が広がるサンテミリオンから大西洋側のCap-Ferretへ夕食用の牡蛎の買い出しに!

capferret

松林がずーっと続く道を抜けて大西洋側の入り江の街カップ・フェレに着いた

capferret

丁度干潮時

capferrte

ここで、牡蛎の養殖業者から直接買うことが出来るのだ!

capferret

沢山の牡蛎を買った後は軽めのランチを海辺のレストランで
最初は外はちょっと寒いかなぁ~と思ったけど

capferret

時折太陽が顔を出して暖かかったので外のテラスで

capeferret

潮の香りを感じながら・・・・

capferret

食後は漁師の村をプラプラと・・・

capferret

海辺の小さなレストランでは皆牡蛎に舌鼓を打っていた!

capeferret

この辺は夏にでもなると国内外のヴァカンス客で大賑わいになる

capferret

対岸に砂丘が見えてきた!

capferrete

ヨーロッパ最大のピラ砂丘。
あの砂丘に登ったのは初めてボルドーに来た時だから、もう6年も前の事だ!
以来毎年の様にボルドーに遊びに来ている・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK