sponsored Link

Page 2

砂丘と太陽光のいたずら、デッドフレイが一番美しい時

砂丘と太陽光のいたずら、デッドフレイが一番美しい時

駐車場というほどでもない木陰に車を停めて、真っ直ぐ行くとそこがデッドフレイだよ!僕は後から行くから、ゆっくり楽しんで!って送り出された私達。速足でデッドフレイへと向かう。 朝日が一面に当たり、まさしくアプリコット色に輝く砂丘。左側の尾根を伝って歩いていくとそれがビッグダディ。 もう間に合わないのは分かっていたけれど、随...
朝日に染まるアプリコット色の砂丘が美しいソススフレイへ

朝日に染まるアプリコット色の砂丘が美しいソススフレイへ

この日はナミビアで最も楽しみにしていたアプリコット色に染まるナミビアの砂丘軍ソススフレイへ行くのだ。いつもの様に太陽が昇る前に起きて軽めの朝食を取りにメインロッジへ向かう。朝から良い運動だ。 私達の担当スタッフとロビーで待ち合わせると、他の2組は今日チェックアウトだから私達二人だけなので私達の好きな所に連れて行ってくれ...
ナミブ砂漠で朝食♪

ナミブ砂漠で朝食♪

気球に乗ってナミブ砂漠の空中遊覧を楽しんだ後は着地地点にて朝食。着陸後はスパークリングワインで乾杯だけのバルーンライドが多いけれど、ココではそのまま朝食が頂けるのもウレシイ。 反対側から山肌づたいに上昇して頂上からスーっと降りた着地点は本当に山と地面の際だった。 他の地上スタッフも車で駆けつけてきた。 ガラ~ンとして赤...
気球に乗ってナミブ砂漠を空中遊覧♪

気球に乗ってナミブ砂漠を空中遊覧♪

ナミブ砂漠滞在中に楽しみにしていた事の一つが気球に乗って空からアプリコット色の砂丘を眺める事。 ナミビアへの出発前から事前に予約しておいたアクティビティで、クララ デザートロッジに着いた日にはGMからの説明でここ数日風がなくてバルーンが飛んでいないから、私達の予約日もどうなるか分からないとの事だった。 こういう時に威力...
セスリエム キャニオンを探検♪&サンセット

セスリエム キャニオンを探検♪&サンセット

ソススフレイやデッドフレイの入口に当たるセスリエムゲートからほど近い所に雨風の浸食によって出来た渓谷がある。 キャニオンと言えば広大なアメリカのグランドキャニオンや美しいアンテロープキャニオンを見ているので、wow感はゼロだけど500万年以上の年月をかけて削られた荒れた岩肌の間を歩くのはちょっとした探検気分。 この日も...
ナミブ砂漠に自生するブッシュマンのキュウリにミント

ナミブ砂漠に自生するブッシュマンのキュウリにミント

オールインクルーシブのクララ デザート ロッジではチェックインの日や人数によってグループ分けされ、担当のスタッフが付いて、終日アクティビティのお世話をしてくれる。 グループと言っても10人未満の小人数。勿論自分たちの車でプライヴェートな行動も出来るけれど、お世話になった方が無難だと思う。 着いた初日の夕方は敷地内を軽く...
世界最古のナミブ砂漠の中にあるクララ デザート ロッジのお部屋

世界最古のナミブ砂漠の中にあるクララ デザート ロッジのお部屋

チェックインを済ませ、ロッジのカギを受け取ったら部屋番号2。メインロッジからは離れた所にあった。 1番が一番奥なので、ほぼ端っこ。毎回の移動で10分はかかるから忘れ物は厳禁! しかし、この景色は痺れる~~~~ 小さな小さなロッジには屋上があって、ここで満点の星空を見ながら眠りに落ちる事が出来るのです。 私のカメラの技術...
クララ デザートロッジにチェックイン♪

クララ デザートロッジにチェックイン♪

大西洋岸の街スワコップムントを早朝に出発、クセイブキャニオン、南回帰線を超えてやっと広大なナミブ砂漠のソススフレイへの入口セスリエムの街までやって来た。けれども私達の予約しているクララ デザートロッジはまだ先。 セスリエムの街を過ぎてもひたすらC27を南下。心配なになってきたBenoitは本当にこの道でいいの?と繰り返...
久しぶりにイドラ島へ

久しぶりにイドラ島へ

ギリシャの島の中ではアテネから日帰りで行けるし、可愛い、海が綺麗な理由で一番遊びにいっている島、イドラ島。 過去記事はコチラ↓ ・アテネから日帰りで行く島、イドラ島でゆったり島時間 ・アテネから船で2時間、イドラ島へ ・Hydra ~吸い込まれそうな碧い海!今年もイドラ島へ~ ・イドラ島の碧い海 ・アテネから近い島、イ...
南回帰線を超えてナミブ砂漠の入口セスリエムへ♪

南回帰線を超えてナミブ砂漠の入口セスリエムへ♪

朝も明けぬ暗いうちに朝食を済ませ大西洋岸の街スワコップムントを出発!ナミビアのロードトリップもいよいよ終盤。エトーシャ公園でのゲームドライブと同じくらいに楽しみにしていたナミブ砂漠を目指す! スワコップムントから舗装道路のB2で南下、ウォルビスベイまでは快適なドライブ。空がだんだんと明るくなってきた。 砂丘の陰から太陽...
ナミビアの避暑地スワコップムントの街を歩こう!

ナミビアの避暑地スワコップムントの街を歩こう!

スワコップムントで滞在するラグジュアリースイートでチェックインを済ませたら、そうそうにランチがてら街歩き開始。 ずーっと大自然の中にいたのでヤシの木が並ぶ街は何だかキラキラして眩しく感じる。 ホテルの近くのバーで少し遅めのランチタイムとなった。 サヴァンナとかナミビアの砂丘とか見た事もないネーミングのビールが冷たくて美...
スワコップムントのブティクホテル、Swakopmund Luxury Suites

スワコップムントのブティクホテル、Swakopmund Luxury Suites

ナミビアの大西洋岸の街スワコップムントでのホテルはスワコップムント ラグジュアリー スイート。 近くに灯台があって、ヤシの木が並んでいるのでリゾート感がグンと上がる。 ホテルの前もヤシの木の街路樹。 アパートメントを改装して出来た様なホテルで、中に共用のパティオがあった。 スワコップムントの辺りも見どころがあるのだけど...
赤から白い世界、ダマラランドから海辺の街スワコップムントへ!

赤から白い世界、ダマラランドから海辺の街スワコップムントへ!

SF映画に出てくる火星に舞い降りた様な不思議なダマラランドを出発し、ナミビアの第二の都市スワコップムントを目指す。 太陽が昇り始めた8時少し前にキャンプキップイを出発。 夕陽より朝日に当たる方がより大地が一層赤く染まっていた。 キャンプキップイからは超ダートロードD2612を63km走る事になる。朝からダッダッダッと小...
ダマラランドのキャンプ キップウイでのランチと朝ごはん

ダマラランドのキャンプ キップウイでのランチと朝ごはん

ナミビアのダマラランドではデザートエレファントを見に行く以外何もしないでのんびりと過ごしていた。本当に何にもない、ただただ惑星にお降り立った様な所でぼーっとするだけでも私達にとっては最高のアクティビティだったりする。 午後にはにはマフィンなどが置かれていて誰もが摘まめるようになっている。 ランチでも6種類の品がいつでも...
ダマラランドでデザートエレファントを見に行こう!

ダマラランドでデザートエレファントを見に行こう!

ダマラランドでの2大アクティビティはナミビア初の世界文化遺産として登録された、サン族(ブッシュマン)が2千から6千年前頃に描いた岩絵などが残るトゥエイフェルフォンテン。そして砂漠で生活するゾウ、デザートエレファントを見にいく事。 私達は旅の最初で、私達とは反対周りにロードトリップしている人達からトゥエイフェルフォンテン...
オリックスのフィレ肉だって絶品!ダマラランドのキャンプ キップウイでディナー

オリックスのフィレ肉だって絶品!ダマラランドのキャンプ キップウイでディナー

ダマラランドの赤い大地を見渡せる丘の上でアペリティフをした後はディナータイム。 メインダイニングでは白いテーブルクロスが敷かれゲストを待っている。 暗くなると何も見えなくなっちゃうのであまり関係ないかもしれないけれど、滞在中は仲良くなったダイニングスタッフ達が私達用に最前列の席をリザーブしておいてくれた。 何でもない事...
夕陽を浴びて赤く染まるダマラランドの大地を見ながらアペリティフ

夕陽を浴びて赤く染まるダマラランドの大地を見ながらアペリティフ

ダマラランドのキャンプ キップウイでは日が西に傾き始めるとオープンするのが丘の上のバー。 ヨイショヨイショと足元の悪い坂道を登ると、 丘の上からは西日に照らされて更に赤くなった大地が目の前に広がる。 メニューも一通りあるのです。 シンプルにジントニック。 おつまみも出してくます。 スタッフが言うには、乾季だと通常なら雲...
青空シャワーにおトイレ!キャンプ キップウイのバンガロウ

青空シャワーにおトイレ!キャンプ キップウイのバンガロウ

火星に舞い降りた様な不思議なダマラランドの大地を見渡せるキャンプ キップウイのバンガロウはとってもプリミティブ。 石を積んで出来た円形のIglooタイプのバンガロウは暑さを遮断してくれる。 テラスからは美しい赤土の世界。 最前列のバンガロウだともっと広大な景色が見れたのかもしれないけど、それでも異星感十分。 周りはゴロ...
ダマラランドのキャンプキップウイにチェックイン♪

ダマラランドのキャンプキップウイにチェックイン♪

首都のウインドフックからロードトリップを開始して、動物の宝庫エトーシャ国立公園でゲームドライブを楽しんだ後は旅も中盤に入り、とても不思議なダママランドへとやって来た。 ダマラランドのあるKeneneエリアはナミビアでも最も人口の少ないエリアなんだそう。 オレンジ、赤褐色、赤土、レンガ色等々・・・・赤みがっかた色の形容詞...
オレンジ色した不思議なダマラランドへ

オレンジ色した不思議なダマラランドへ

ナミビアのロードトリップ。エトーシャ公園のオカクエジョ近くのオンガヴァリザーブを出発し、途中でカマンジャップのヒンバ族の住む村を訪ねた後、車は一路ダマラランドを目指す。 カマンジャップからはC35を南下し、C39で右折。進路的にはスケルトンコースト方面を目指す様になる。スケルトコーストも人気の場所だけれど、私達はその途...
#GoLaterでどこ行く?

#GoLaterでどこ行く?

最近のSNSで#GoLaterのハッシュタグを見かけたけど、コロナウイルスが落ち着いて、安心して旅が出来る様になったら、行きたい場所は山ほどある! 1月にシンガポールに越してから直ぐにコロナウイルスが中国から広まり、3月に用があってヨーロッパに行った以外何処へも行けずに4カ月が過ぎようとしている。 シンガポールに移住す...
赤土色した少数民族ヒンバ族に会いに行こう!&ヒンバ族とドライブ♪

赤土色した少数民族ヒンバ族に会いに行こう!&ヒンバ族とドライブ♪

沢山の動物を見る事が出来てとっても楽しかったエトーシャ国立公園、リトルオンガヴァで美味しい朝ごはんを頂いて、お世話になったスタッフに別れを告げてから向かうのは赤土色の肌が美しいヒンバ族が住む村。 リトルオンガヴァのあるOkaukuejo(オカウクエジョ)からはC38の道路を真っ直ぐ。 Outjo(オウチョ)村手前でC4...
ブリュッセルThe Hotelのラウンジと朝ごはん

ブリュッセルThe Hotelのラウンジと朝ごはん

ブリュッセルで滞在していたThe Hotelにはお部屋と同じフロアーにクラブラウンジがあったので便利でした。 ラウンジのドアを開けると正面には真っ赤なソファー。 お部屋からも見えた美しい夕焼け空はラウンジからも綺麗に見えました。 ファッションに関する写真集はお部屋にも置いてあったけれど、コチラにも棚にびっしりと飾られて...
ブリュッセルのThe Hotelに滞在

ブリュッセルのThe Hotelに滞在

EUの首都なのにコレと言ったホテルがないブリュッセル。その中で今回1週間の滞在をしていたのはThe Hotel。昔はヒルトンだったホテルで、だからなのかオバマ元大統領がブリュッセルに来た時は、このホテルに滞在していた。 ブリュッセルでハイエンドメゾンずら~とが並ぶワーテルロー大通りに面している。 回転ドアをくぐればよい...
エミレーツのビジネスクラスでシンガポールからバルセロナ

エミレーツのビジネスクラスでシンガポールからバルセロナ

コロナウイルスが拡散され、ヨーロッパの主要国で非常事態宣言が出される前に無事シンガポールへと戻ってこれた3月中旬。その時のフライトはエミレーツ航空でシンガポールからドバイ経由のバルセロナ。 エミレーツ航空のビジネスクラス以上だとショファーサービスがあるのがとても便利。往復路共にピカピカの車で家やホテルまで向かえに来てく...
ナミビアのサヴァンナの美しい朝焼けと朝ごはん@リトルオンガヴァ

ナミビアのサヴァンナの美しい朝焼けと朝ごはん@リトルオンガヴァ

朝のゲームドライブがあるとゆっくりもしていられないけれど、チェックアウトの朝は少し遅めのスタート。 少し遅めと言っても、もう自然と身体が早起きになってしまっている。 西の空にはまだ月が浮かんでいる ナミビアのサヴァナに朝が来た。 雲の合間から扇状に広がる太陽のビーム光線。すごいなぁ~ 私のこの写真では全く伝わらないかも...
絶滅危惧種のサイを見に行こう@オンガヴァリザーブ

絶滅危惧種のサイを見に行こう@オンガヴァリザーブ

雨がほとんど降らなかった2019年のナミビアの雨季。その影響で動物たちの餌になる草もあまり育たないことから、今年はサイには草を買って与えているんだと言っていた。絶滅の危機にあるサイを近くで見られるチャンスだ! と言っても、私達は幸運にも2匹のサイを昼間に見る事が出来たので、同乗するゲスト次第で見に行くか決める事にしよう...
リトルオンガヴァの美味しいランチ

リトルオンガヴァの美味しいランチ

リトルオンガヴァでの朝のゲームドライブは7:30スタートで11:00ぐらいまで。 お部屋に戻って埃を払い、リフレッシュしたらランチの時間。 散々動物を見てきているのに、水飲み場に動物が来ると気になってしょうがない・・・ シマウマはゲームドライブ中あまり見かけなかった気がする。 お~ハイエナだ! ライオンでも見つかったの...
ライオンにシロサイ!大満足のゲームドライブをオンガヴァリザーブで

ライオンにシロサイ!大満足のゲームドライブをオンガヴァリザーブで

朝焼けのサヴァンナを見ながら早めの朝食を取ったら、7:30ごろから午前中のゲームドライブ開始。(サンライズは7:20頃だった) リトル オンガヴァは3つしかヴィラがないので、車には最大3家族乗れるのだけど、1組はチェッアウト、もう一組は自分達の車でエトーシャ公園へ行くという事で、プライヴェートなドライブになった。 オン...
オンガヴァ リザーブでの美しいマジカルアワーとディナー

オンガヴァ リザーブでの美しいマジカルアワーとディナー

茜色に染まる西の空、太陽が沈む頃になって、お部屋からメインのヴィラへとアペリティフをしに向かう。 淡いパステル色の空の下、テラスではゆっくりとディナーのセッティング中だった。 エトーシャのマジカルアワー サロンにはポワ~ンと温かみのある明かり。 キャビネットを開ければ僻地なのに結構揃っていて、オリジナルのジンもあった。...