Voyage ~碧い海に抱かれて~

ヨーロッパの片田舎から高層ビルが立ち並ぶアジアの大都会。 歴史ある古城ホテルからデザイン系まで,ホテルライフをエンジョイしながら世界の街歩き! 時には自然に囲まれてのんびり過ごすリゾート滞在。 オトナの国際カップル二人旅♫

sponsored Link

RECENT ARTICLES

シックスセンシズ ドウロ バレー、スーペリアのお部屋

シックスセンシズ ドウロ バレー、スーペリアのお部屋

今回滞在したシックス センシズ ドウロバレーは全室57部屋。4つのスィートタイプとリーヴァービュー、デッラクスそしてスーペリアのカテゴリーがあって、予約を入れたのは滞在予定の約1カ月前だったけれど、空いているお部屋が一番下のカテゴリーのスーペリアしか空いていなかったのです! これは後日チェックアウト時にスタッフの方にお...
旧ギルドハウス、劇場、銀行そしてホテルへ!ベルギー ルーヴェンのホテル、ザ フォースでディナー

旧ギルドハウス、劇場、銀行そしてホテルへ!ベルギー ルーヴェンのホテル、ザ フォースでディナー

ベルギーの学生街ルーヴェンで滞在したホテルはBenoitチョイス(お仕事用)のマーティンズ クロスター(元修道院)だったけれど、もし私がルーヴェンで宿を取るならば、きっとこのザ フォースにしたと思う。 ルーヴェンのグランプラスに位置していて、市庁舎や聖ペテロ教会と肩を並べて立っていて、 ちょっぴりファンタジーゲームの世...
ドウロ渓谷のラグジュアリーワインリゾート、シックス センシズ ドウロ バレーにチェックイン♪

ドウロ渓谷のラグジュアリーワインリゾート、シックス センシズ ドウロ バレーにチェックイン♪

ドウロ渓谷の斜面に広がるブドウの段々畑の合間をドライブしていると見えて来た赤いお屋敷にとんがり屋根、2015年にオープンしたと聞いてからずーっと来たかったシックスセンシズ ドウロバレーだ! 空が反射した川の青に周りの緑と紅葉したブドウ畑、その中に佇む元ワイン商のお屋敷の美しさったら・・・・ 畑ではブドウの収穫作業をして...
ベルギーの学生街ルーヴェンにあるホテル、マーティンズ クロスターに滞在

ベルギーの学生街ルーヴェンにあるホテル、マーティンズ クロスターに滞在

ベルギー国内に14ほどのプロパティーを持つマーティンズのホテルはどれも教会やマナーハウス等歴史ある建物をリノベートしたものばかりで、学生街ルーヴェンにあるマーティンズ クロスターもその一つ。 ここは昔修道院だった場所。 全面ガラス張りのエントランス横には誰でもいつでも飲めるようにレモン水が置いてあった。 レセプションカ...
アズレージョで飾られたドウロ渓谷のピニャオン駅

アズレージョで飾られたドウロ渓谷のピニャオン駅

ドウロ渓谷の小さな村プロヴェゼンデから車で20分南下した所にドウロ川沿いのピニャオンと言う小さな町がある。 ポルトガルで美しい駅と言えば、ポルトのサオ・ベント駅がとても有名だけど、この町の駅もポルトガルで最も美しい駅の一つと言われている駅なのです。 そしてこの駅もドウロ渓谷の特集をしたフランス語の雑誌に書かれていた場所...
ドウロ渓谷の小さな村プロヴェゼンデから見る美しいブドウ畑

ドウロ渓谷の小さな村プロヴェゼンデから見る美しいブドウ畑

ポルトの旧市街から車で1時間半程、小さな小さな村プロヴェゼンデ(Provesende)に着いた。この村は、丁度ポルトガルへ行く前にフランス語の雑誌でドウロ渓谷の特集していた中に書かれていた村。丘の上にひっそりとあって、村の外れから見る景色が美しく、知る人ぞ知るキュートなローカルなパン屋さんがあるんだそうだ!そんなの聞い...
Melograno Villasのテラスからアスティパレア島の美しい朝焼けと夕焼け

Melograno Villasのテラスからアスティパレア島の美しい朝焼けと夕焼け

もう一つのステイ先アナトリーからも美しい朝焼けに夕焼けを楽しめたけれど、そちらに負けじとヴィラからの景色もとても綺麗だったのです。 雲のあるなしや大気の状態は毎日違うからいつ見ても同じではなくて毎日飽きずに色が変わって行く様を眺めていた。 オレンジやピンクに染まって行く空と白い町、ピンクのブーゲンビリア ある日はベッド...
アントワープ・ベルヘムにあるデザインホテル、オーガストでのお食事

アントワープ・ベルヘムにあるデザインホテル、オーガストでのお食事

アントワープ・ベルヘムの元ミリタリー病院内のオーガスティン修道院を改装したお洒落ホテル、オーガストのバーは修道院内の礼拝堂だった場所。 バラ窓の下部分がバーカウンターに変わっている バーカウンター側から見た図。中央のドアを開ければレセプションエリアになる。 敷地内の2☆レストランThe Janeに振られてしまったので、...
アスティパレア島のホラと港を見渡せるMelograno Villasに滞在

アスティパレア島のホラと港を見渡せるMelograno Villasに滞在

アスティパレア島のホラを正面から見る事の出来るB&Bアナトリーも良いのだけど、もう少し違う角度から白いホラが見えるヴィラも捨てがたく、迷ってアナトリーに3泊した後にこちらにも2泊する事にした。 アスティパレアの港から歩くとこんな階段を3か所登る事になる! 本当に修行かよ!って泣きたくなる・・・・ そんなヴィラは...
ポルト川沿いの眺めの良いアパートホテルPort River

ポルト川沿いの眺めの良いアパートホテルPort River

ポルト一つ目の宿は歴史地区リベイラのドウロ川沿いにあるアパートホテル。 洗濯物がたなびいて、すすけたパステルカラーの家の壁が哀愁漂うエリア。川岸にはぎっしりとパラソルが並び、皆美味しそうに食事している。 なので、なかなか入口が分からなくて、階段を上ってバーの呼び鈴を鳴らしてしまったよ! 有名レストランChez Lapi...
アスティパレア島の白いホラを散策

アスティパレア島の白いホラを散策

島に着いた当日に夕暮れ時のホラを歩いたけれど、昼間の白い町を見たくて、朝からホラへと向かった。 ホラの迷路に入る前に島の美しい海岸線が見える 小さなチャペルが幾つもあるアスティパレア島のホラはミニ十字架がさ~くさん! 木で出来た手作り感満載の十字架がとっても絵になる こんなに教会が絵になる場所が数えきれないほどある国は...
ポルトの旧市街を見下ろすイェットマンのテラスでアペリティフ♪

ポルトの旧市街を見下ろすイェットマンのテラスでアペリティフ♪

ドウロ渓谷への滞在を中に挟んで前後に1泊づつしたポルトガルのポルトの街。泊まりたかったのに、予約時にはどちらの日程も満室だったザ イェットマン。 テラスやお部屋から見える赤い屋根の旧市街が美しいのだけど、満室なのは仕方ないので、テラスだけでも行ってみようと坂を上ってやって来た! 何か所かのワイナリーを横目に上っていくと...
アスティパレア島のサンライズと朝食@Anatoli Luxury Studios & Suites

アスティパレア島のサンライズと朝食@Anatoli Luxury Studios & Suites

アスティパレア島は一人で行った事もあって、毎日早起きしていた。ホラの後ろから登る朝日がとても素敵だったのです! 早起きは三文の徳とは言うけれど、こんな美しい朝日は何かしらのご利益がありそうだよ! 別にご利益にあやかる為に早起きした訳ではないけれど・・・・眠たい目をこすりながら目の前の景色を見れば心がすーっと洗われる。 ...
アントワープ・ベルヘムにあるデザインホテルAugustにチェックイン♪

アントワープ・ベルヘムにあるデザインホテルAugustにチェックイン♪

豪華なアントワープ中央駅から1駅、アントワープの旧市街からも車で15程のBerchem(ベルヘム)はベルヘム駅から5分ほどの所にあるCogels Osylei通りがベルギー発祥のアールヌーヴォー建築が好きな人には有名な場所。 そんな高級住宅街にほど近い場所に旧ミリタリー病院跡地↓があって、7.7 ヘクタールの敷地は’t...
ポルトのドロウ川沿い散歩

ポルトのドロウ川沿い散歩

7年ぶりに訪れたポルトガルのポルトの街。以前来た時はリズボンよりもしっとりした大人の街!と言う印象だったのだけど、ホテルも泊まりたい所は半月前に予約を入れようとしたら満室だったり、実際来て見たら週末という事もあってか、ヨーロッパからの若い子も多く前より活気に溢れていた様に思う。 今回はポルトの街から120km程東にある...
アスティパレア島のビーチ

アスティパレア島のビーチ

エーゲ海に浮かぶアスティパレア島はエーゲ海でもトルコよりのドデカニサ諸島に属しているけれど、サントリーニ島とコス島の真ん中に位置していて、白い家に青い鎧戸といい、どちらかと言うとキグラデス諸島のイメージ。 蝶の形をした島の空港は真ん中にあって、ざっと地図を見た感じ島の東側には宿泊施設はなさそうで、小さな教会があるくらい...
感動!心揺さぶるナミビアのロードトリップ

感動!心揺さぶるナミビアのロードトリップ

2週間のナミビアの旅から戻ってきた。ビデオも含め撮った写真の枚数6808枚!そんな膨大な写真を眺めながら2日経った今も旅の余韻に浸っている。写真の整理をしてから記事にUPするまで何時間もかかりそうだけど、とりあえずダイジェストでお届け! 首都のウインドフックで1泊した後、エトーシャ公園までの寄り道として泊まったオコンジ...
夕陽を浴びてオレンジ色に染まるアスティパレア島のホラ

夕陽を浴びてオレンジ色に染まるアスティパレア島のホラ

アスティパレア島に着いた当日は雲一つない青い空。 部屋のテラスから見る空と白い町のコントラストが綺麗すぎて、すーっと眺めていても全然飽きなかった。 時間が経つにつれて街が西日を受けてキラキラ輝きだした。初日は夕食まで部屋でユックリしようと思っていたのだけど、オレンジ色に染まっていく街を見ていたら、たまらなくなって、カメ...
エーゲ海に浮かぶ白い町、アスティパレア島の美しいホラが目の前!@Anatoli Luxury Studios & Suites

エーゲ海に浮かぶ白い町、アスティパレア島の美しいホラが目の前!@Anatoli Luxury Studios & ...

アテネからプロペラ機に乗って40分。着いたのはエーゲ海に浮かぶ蝶の形をした小さな島アスティパレア。 かなりこじんまりとした空港で、荷物を受け取り外に出ると宿の迎えの人がいた。バスもタクシーも何もない本当に辺鄙な場所で、お迎えがいなかったら泣きそうになるほどの田舎町。送迎の車の手配をしていなかった私は本当に一安心!多分こ...
ロンドンのThe Nedで朝ごはん

ロンドンのThe Nedで朝ごはん

夜はクラブ化とするThe Nedのロビー階。週末の夜になるとエントランスにはレッドカーペットが敷かれ、入場待ちする人で列が出来ているほどだったのだ。 だから正面エントランスのあるPoultry通りから入ると、週末の夜はライブミュージックに人々の話し声、カトラリーやグラスの音で凄い事になるのです。さすが都会だ~ブリュッセ...
テムズ川を渡ってグリニッジへ

テムズ川を渡ってグリニッジへ

ロンドンに住宅購入予定だと言う友達が最近グリニッジの方にも内見したりして、少し詳しくなったよ~という事で、連れていってもらったのがグリニッジ。ロンドンの中心からは離れているように見えるけど、泊まっていたThe Nedはバンクの駅の前、そこから電車1本で乗行けるのでとっても便利だった。途中新金融街のカナリーワーフを通り抜...
パラドール アルカラ デ エナーレスでのパティオでディナー

パラドール アルカラ デ エナーレスでのパティオでディナー

アンダルシアの夏並の暑さだった日中も陽が落ちてくると気温も下がって過ごしやすくなってくるので、アルカラデエナーレスでのディナーはパラドールのパティオで頂く事にした。 パティオを囲むようにある回廊の奥がレストラン 室内はエアコンが効いて涼しいけど、やっぱりお外で食べたい♪ Benoitがビジネスディナーに行ってしまったの...
パラドール アルカラ デ エナーレスの虹色SPA

パラドール アルカラ デ エナーレスの虹色SPA

パラドール アルカラ デ エナーレスのスパはゲストでもSPA施設の使用は有料となっていた。(SPAパッケージで宿泊している人は別)時間もあるし、ブリュッセルと戻る前にリフレッシュ♪ ここのSPA,ジャグジーの照明が虹色に変化するのです! シャワー浴びて、ひとしきりブクブクの泡に包まれたら、順番通りに冷水シャワー、ミスト...
スカイガーデンから煌めくロンドンの夜景を!

スカイガーデンから煌めくロンドンの夜景を!

ロンドンの滞在の後半をシティのThe Nedにするならとロンドン在住の友達が予約してくれたのが、ロンドナーの間ではウォーキートーキーと呼ばれるビルの屋上にあるスカイガーデン。 ビルの形がトランシーバーみたいだからと言う理由であだ名がついたらしい・・ ロンドンの街が一望できるのに無料とあって、人気なんだそうだ!全て友達ま...
ザ ロンドン エディションのBerners Tavernでディナー

ザ ロンドン エディションのBerners Tavernでディナー

The Nedに泊まるかこのThe London Edithionに泊まるか悩んで結局The Nedにしたのだけど、ロンドン在住の友達がディナーの予約をしておいてくれたのが、エディションの中にある星付レストランのBerners Tavern。 19世紀前半の邸宅だった美しい建物が新しいタイプの集いの場というコンセプトの...
The Nedの会員制クラブ、元貸金庫室だった地下ラウンジバーが超クール!

The Nedの会員制クラブ、元貸金庫室だった地下ラウンジバーが超クール!

ロンドンのイングランド銀行の前に立つ旧ミッドランド銀行を改装した素敵なホテルThe Ned。このホテルには会員制のクラブが2つあって、ラージ以上の部屋の宿泊者であれば使用できるのがNed’s club DownstairsとUpstairs。 宿泊した19年の2月時点では確かすべてのお部屋のゲストもダウンス...
アルカラ デ エナーレスの旧ユダヤ人街、マヨール通り

アルカラ デ エナーレスの旧ユダヤ人街、マヨール通り

古代のローマ時代からあったこの街、12世紀に砦(Al-Qal’at)が築かれ、これが現在の街の名前になったとwikiにはあった。 アルカラデエナーレスは世界最初の大学都市として知られるていると同時にドンキホーテの作者セルバンテスの生まれ故郷としても知られているのだそう。←私は知らなかったのね・・・・・ マヨ...
スペインのコウノトリが舞うアルカラ デ エナーレスの街歩き

スペインのコウノトリが舞うアルカラ デ エナーレスの街歩き

アンダルシアの夏並に暑かった6月のマドリードから移動してきたのは中世からの大学町であるアルカラ デ エナーレス。 滞在していたアルカラ デ エナーレスのパラドールは昔はパラドールの中で唯一レストランのみ(Hosteria)だったのが、向いのサント トマス学校兼修道院を改装して今のパラドールになり、昔の旧館はそのままオス...
カウシェッドのボトルがズラリと並ぶバスルーム、TheNedのラージルーム

カウシェッドのボトルがズラリと並ぶバスルーム、TheNedのラージルーム

旧ミッドランド銀行を改装したロンドンの素敵なホテルThe Nedにチェックイン後初日はスタンダードなコージールームだったけれど、エアコンが故障して修理がすぐに出来ないとの事で、後の2晩はアップグレードされてラージルームでのラッキーな滞在となった! ドアを開けるとちょとしたホワイエがあって、奥にベッドルームへと繋がってい...
ポーランドで過ごすイースターヴァカンス

ポーランドで過ごすイースターヴァカンス

2019年のイースターヴァカンスは久し振りの東欧、初めて訪れた国ポーランドにて。 4泊5日の間はずーっと晴天に恵まれて、気温も20度前後と街歩きには丁度良い気候。 最初の2晩はワルシャワ中央駅至近のインターコンチネンタルホテルに滞在。駅までは徒歩5分と便利なのを活かして、日帰りでポーランド南部の街クラクフへ! 春らしい...