sponsored Link

マドリッドからの小旅行、トレドの街歩きVol.2

エル・グレコの大作を観た後はトレドの旧ユダヤ人街へと歩いていく

toledo

トレドに残る最古のユダヤ教会は

toledo

13世紀にはキリスト教会となって
”白い聖母マリア教会!と言う名に変わった

toledo

美しい馬蹄型のアーチ
エキゾッチクなイスラムな空間に惹かれる
イスラムの建築様式とキリスト教の建築様式が合体したムデハル様式
まだ見ぬアンダルシアへと旅したくなる・・・・

toledo

ゴッシクとムデハルが合わさったスペイン独自のイサベル様式の建築は
サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会
修道院の回廊の1階がゴシック、2階がプラテレスコ、3階がムデハルと階によって違っている

toledo

教会の壁にはかつて鎖に繋がれていた捕虜達の鎖が記念としてかかっている

toledo

そして、偶像崇拝を嫌うイスラム教徒達によって顔を落とされた像は修復されているけど
色が極端に違っていて一目でわかる

toledo

教会前のカンブロ門

toledo

サン・マルティン橋を渡って対岸へ

toledo

タホ川の向こうに見るトレドの街
今回のトレドへの小旅行、
泊まっていたホテルで、「もし週末に電車でトレドへ行くなら早めに予約しないと席がなくなる」と言われていた。

toledo

結局電車では行かずに、現地発の英語での1日バスツアーに参加した。
座ってれば現地に着くし、説明もしてくれのでいいのだけど、
やっぱり団体行動は好きではないなぁ~

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK