sponsored Link

ベルギーの学生街ルーヴェンにあるホテル、マーティンズ クロスターに滞在

ベルギー国内に14ほどのプロパティーを持つマーティンズのホテルはどれも教会やマナーハウス等歴史ある建物をリノベートしたものばかりで、学生街ルーヴェンにあるマーティンズ クロスターもその一つ。

ここは昔修道院だった場所。

全面ガラス張りのエントランス横には誰でもいつでも飲めるようにレモン水が置いてあった。

レセプションカウンター前のこじんまりとしたラウンジ

このホテルにレストランはないのだけど、朝食はこちらの会場にてビュッフェが並ぶ。

一通りいろんな品が揃っていたと思う

シュワシュワはシャンパーンではなくてカヴァなので朝シャンじゃなくて朝カヴァね!

天気の不安定な週末だったので、お外での用意はされていなかったけれど、広い庭があるので天気の良い日はコチラで朝ごはんが気持ちよさそうだ!

レストランはないけど、バーはあるのです!古い入口をそのまま利用したバーで、私達もアペリティフで利用した。

お部屋はCosy Plusと言う下から2番目のカテゴリーなので22㎡と小さなお部屋。

角部屋で何か所も窓がある部屋は、自称カーテン閉め係のBenoitは面倒くさいと言っていた・・・・(笑

ベッドの裏がクローゼットになっていて、その向かいにバスルームと狭いながらに上手く工夫されている。

バスルームの扉がすりガラスでフランドルの宗教画家が描いたようなマリア様がデーンと!

この辺はカソリックの学生街ルーヴェンを意識しているものと思われる。

お部屋は狭いけど、ウエットエリアは申し分ないほど広めにとられている。

シャワーブースとバスタブは別

アメニティーはマーティンズのオリジナル。シャンプーはあってもコンディショナーはないので要持参!

ラグジュアリーさは無いけれど綺麗に掃除されているし、必要なものはほぼそろっている。ルーヴェンの中心地までも歩いて6分程と街歩きにも便利ホテル。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK