sponsored Link

Aman Summer Palace 北京の極上のHideawayアマン サマーパレスにチェックイン!

北京市街の北西部に位置する頣和園はユネスコの世界遺産に登録されている古典的な中国式庭園で、
皇帝の離宮として建てられ、王室の庭園としての後期は西太后の避暑地であった場所。

Beijing 05.2011 155

このAman at Summer Palaceは頣和園の東門に隣接

Beijing 05.2011 160

やっぱりアマンってスゴイ!他のアマンリゾートもそうだけど
ロケーション選びはさすが!!!

Beijing 05.2011 396

ここは西太后の接見を待つ人々の宿場として使われていた建物
広い石畳の広場に一歩入ると現代から過去へタイムスリップ!

Beijing 05.2011 159

中国式の平屋造りのテラスハウスは紫禁城等と同じ王宮の伝統色で、煉瓦紅と深緑色が基調

Beijing 05.2011 147

アマン初のシティーリゾート、ここで私達は週末に過ごすことにした。

Beijing 05.2011 391

まずはArrival Pavilion、

Beijing 05.2011 178

金曜日の午後2時少し前、Benoitはもちろん仕事中
Benoitの名前で予約してるけど仕事で後から来ると告げ、先にチェックイン!

Beijing 05.2011 402

レセプションの裏がLounge

Beijing 05.2011 408

Beijing 05.2011 140

ラウンジを抜けると・・・・・
Business centerが中庭を囲むようにあって

Beijing 05.2011 138

次の建物はCultural Pavilion、Library&Boutique

Beijing 05.2011 185

館内ではいつも場所を変え、どこかで琵琶や笛の演奏をしている・・・・

Beijing 05.2011 133

図書のコーナーには中国の歴史書やアマンリゾーツのパンフなど

Beijing 05.2011 134

Beijing 05.2011 136

真ん中のテーブルでは書道や切り絵等、日替わりでゲスト用に様々なアクティビティーが用意されている

Beijing 05.2011 386

又中庭を抜け・・・・

Beijing 05.2011 128

次の建物がThe Bar奥にはCiger room

Beijing 05.2011 127

Beijing 05.2011 383

池を望むテラスに出る

Beijing 05.2011 121

ここで、Benoitを待ちつつアフタヌーンティーをすることにした

Beijing 05.2011 119

気持ち良い初夏の陽気の北京

つづく・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK