sponsored Link

バガン郊外の小さな村でプチ・うるるん体験!

ポッパ山からバガンに戻る途中で田舎の暮らしが見てみたいとガイドにお願いし
途中の村で停まってもらった
やっぱり、これは全行程プライヴェートのツアーの強み!

Myammer 02.2012 704

シュエ・シダイ村(ミャンマー語で”金の太鼓村”と言う意味)
Myammer 02.2012 708

電気も水道もガスもない

bagan

庭には家畜の牛や豚、鶏がいて
むか~しの暮らしがそのままある

bagan
村の家のキッチン

だから食事は朝は陽が昇ると同時に作り始め陽が沈む前に夕食を食べ終えるのだそう

Myammer 02.2012 720
持っていた飴をあげた

近くにこの村の学校があると聞き行って見る事に

bagan

きっと外国人が学校に来る事なんてめったにないのだろうね、皆興味津津!

Myammer 02.2012 732

Myammer 02.2012 744

数人の子供達が指で何やらやっている

bagan

私も同じ様に指を重ねてみる・・・う~ん、上手くいかない・・・・・
それを見て『こうやるんだよ~』言わんばかりに皆手を出してくる
差し出す小さい手は、爪の中やら皆黒く汚れてきたない
(日本だったらお母さんに”早く手を洗ってらっしゃい”と叱られそうだ)
言葉は通じなくても、私のおぼつかない指先を見て皆楽しそうに笑っている

bagan

意味も知らず指を重ねて遊んでいたけど、『どういうサイン?』ってきいたら『サソリ』だって!
暮らしは貧しいけど、ピュアな心とキラキラした瞳に私の魂が癒され浄化された気がする・・・・・

Myammer 02.2012 741

寄付って言うほどのものでもないけど、先生に子供たちに何か買ってあげてくださいと、少しばかり置いて来た

Myammer 02.2012 745

学校を後にしたところでは少女が水を運んでいた
近くの貯水池まで毎日水を汲みに行かないといけないのだそう・・・・
上海ではそのまま飲めないにしてもひねれば水は出てくるし、頼んだらバイクですぐに届けてくれる事を考えたら
私達はかなり甘やかされている!

bagan

村からバガンへと戻る道すがらでは下校途中の生徒に沢山すれちがった

bagan

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK