sponsored Link

パリ、サンジェルマンデプレにあるサン・シュルピス教会

サンジェルマン・デ・プレ周辺を歩く、シティ・ファルマでコスメを買ってブラブラしてから

サン・シュルピス教会へ入って見ることにした

この教会はダン・ブラウンの”ダヴィンチ・コード”にも登場した教会

館内にあるドラクロワの絵も有名だけど、

やはり興味を惹かれるのは

教会内を走る子牛線、先にはには大きなオベリスクが建っていて

物語の中ではローズラインとして登場する

きっと小説が大ヒットした頃には観光客も多かったのだろうけれど、10年以上経った今は
教会に来る人もまばら

もわんとした光の入り具合といい

ちょっぴりミステリアスな雰囲気に感じるのは私だけかな?・・・・・
やはり小説の影響受けすぎか?

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK