sponsored Link

ラングドック地方のガイドブックに載っていない小さな村々

プロヴァンスへ行く前後に寄ったのが、Benoitの伯父のセカンドハウス。
海沿いのMontpellier(モンペリエ)を過ぎ、Beziers(ベジエー)から内陸に入る事30分程Roquebrun(ロックブルン)と言う小さな村
provence-06-2014-291
そのはずれ、ヴィラが立ち並ぶ通り沿いにある素敵な家
provence-06-2014-349
広い庭の先には小川が流れていて、
provence-06-2014-275
ここで使う水は地下から汲みあげているんだそう・・・
provence-06-2014-310
丘の上の小さな村は15分もあれば周れるほどだけど、
夏は川で泳いだり、カヤック、釣りにと色々アクティビティがあるから
観光客も結構いたりする!
現に伯父さん達も1週間単位で貸しに出していて、予約がない時は自分たちが使っているとかで
私達も挨拶がてらゆっくりさせてもらった。
france
ロックブルンから車でSt.Chinianの町のマルシェに行って見た
フィグの入ったソシソンは初めて!!
食べてみたら、フィグのツブツブした触感とほんのりと甘く、ちょっと不思議な感じ・・・・
provence-06-2014-327
ラングドック地方の広大なぶどう畑
伯父さん達も近所の人達と共同の畑を持っているから
9月には収穫し、ワインを作り自分たちで飲んでいる
ラベルのないワインはテーブルワインとして飲むには何ら申し分のない程。

ワイン通でもない私、美味しい物は美味しいでいいと思っている
provence-06-2014-337
通りかかったぶどう畑
緑の向こうの小さなチャペルはとても絵になる
provence-06-2014-364
ロックブルンから近くのOlarguesの村は
フランスの最も美しい村の一つ
provence-06-2014-353
私達が行った時は誰も歩いてなかった・・・
provence-06-2014-355

provence-06-2014-362

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK