sponsored Link

インドへの旅、ブリュッセルーニューデリーはJet Airwaysのビジネスクラスで

以前から一度行ってみたかったインド

インドへ旅すると言っても北はヒマラヤから、
南インド、アッサムなどがある東インド、等々行く先は様々
昨年末、念願かなってゴールデントライアングルと呼ばれる、
デリー、アグラ、ジャイプールにプラスして
ランタボールとウダイプールの2週間の旅。

移動が多くなる旅は自分たちでオルガナイズするよりも、
旅行会社に頼んだ方がベターなので、
上海在住時、チベットや雲南省などの移動の多い旅の時にお世話になった、
シンガポールに本社がある旅行会社にお願いした。

デリーからウダイプールまではトヨタの四駆車で移動、
ウダイプールから国内便にてデリーへと戻る
完全プライヴェートのツアー

india

インドへのゲートウェイ、デリーまではJet Airwaysで
ブリュッセル空港のジェットエアウェイズのラウンジに入れば、
もうそこからインドへの旅は始まっていた。
周りを見渡せば、ターバンを巻いた男性にサリーを纏った女性たち・・・

india

往路はお腹もすいてなかったので、機内食はアラビック・メゼみたいなものしか頼まなかったし
復路では深夜便だったので、パジャマに着替えサインが消えたとたんフルフラットして就寝
約9時間の旅はあっと言う間だった・・・

india

インドへ行く前から天気予報はチェックしていたが
デリーの天気予報は晴れマークでも”煙霧”の文字

india

デリーの空港の中でさえ、うっすらと煙っているのだからビックリする。

india

10年以上経過した車はデリー市内通行禁止とか、ナンバーによっては通行できない日があったりするらしいが、
上海よりも公害がすごかった。

india

中国と二分する大国インドは貧富の差が激しいとは聞いていたけど

india

底辺の人達がものすごく多い、
テントで生活している人、中央分離帯で布団にくるまっている人、埃まみれの裸の子供たち・・・

india

そして行く先々で、スマホで写真を撮られたり、一緒に撮ってくれと言う人達
修学旅行で来ていた子供たちには何度も囲まれた

一緒にいたガイド曰く、テレビや映画の中でしか見た事のない肌の白い外国人は好機のまなざしで見つめられるのだそう
肌の色にしたらBenoitの方が白いはずなのに、人は私の方に寄ってきたのが不思議・・・

中国ではBenoitがよく一緒に写真を撮ってくれてと言われていたのを思い出した!
中国人と同じような顔した私は見向きもされなかったけど・・・・笑

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK