sponsored Link

カリヨンの音色が響くフランダースの街メッヘレン

ブリュッセルとアントワープの中間にある町メッヘレン。
小さいながらも運河が町の中を走っている。

Belgium 05..2010 055

カリヨン・コンサートの発祥地でもあるメッヘレン、
聖ロンバウツ大聖堂には97mの塔があり
全部で49個、計80トン、ヨーロッパで最重量級のカリヨンがかかっている。

Belgium 05..2010 064

Belgium 05..2010 058

グローテ・マルクトに建つのは市庁舎。(グローテっていっても小さいんだけどね!)

Belgium 05..2010 066

メッヘレンにもベギン会院があって、
(ベギン会院とは中世の北西ヨーロッパで生まれた、女性の在俗修道会の建物)

Belgium 05..2010 069

国内にいくつかのベギン会院があるベルギー、一番大きいのはルーヴェンのベギン会なんだそう。
(ゲント・ブルージュ・トングレン等多くのベギン会院が世界遺産に登録されてる)

Belgium 05..2010 071

ところどころは壁に埋め込まれた小さなマリア像、
平日だったから余計に人もいなくて、
シーンと静まりかえった路地に遠くから聞こえる鐘の音色、
ピッタリハマり過ぎる雰囲気に包まれ身震いした。

Belgium 05..2010 075

壊れて外れそうになった街灯がなんだかいい味出していた・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK