sponsored Link

クリスマス直前のパリへ

パリで仕事があると言うBenoitに便乗してちょっとパリまで行っていた。

お店のショーウィンドウを覗き込めばどこもクリスマスのデコレーション。
あちこちの通りも電飾で飾られパリはクリスマスモード全開だった。

12月のパリと言えば、ギャラリーラファイエットのクリスマスツリーのデコレーション!

毎年色々工夫されているけど今年はカラフル&ポップ!

キッチュでチープな感じも歪めないけど、

周りのバルーンが上下していて、何だかディズニーランドみたい。

今回久しぶりに屋上のテラスへ行ってみた。

初めてパリに来た時に登っているので、それ以来、随分と前になる・・・・

この日は結構な霧が立ち込めていて、エッフェル塔も霞んで見えるだけ!

モノトーンの写真を撮ったみたいな街は冬のパリらしい景色でもあるんだけど・・・・

テラスにはIce cube barがオープンしていた。

今回パリに行くなら友達も秋に行って、良かったよ~と太鼓判を押していた来年の1月7日までやっているクリスチャンディオールの大回顧展へ行こうと思っていた。

ネットで事前予約しようとしたら、出来ない様になっていたので、ホテルもパリ装飾芸術美術館近くにして、
会場の30分前に到着したらすでに長蛇の列!

これ見た瞬間回れ右して、Coletteへ向かった。

12月20日で閉店となったパリの有名セレクトショップ。私が来たのがその閉店1日前。

11時オープンの10分程前に着いたら、こちらもチョットした列が出来ていた。

お店の中はすぐに沢山の人で埋め尽くされてセール会場にいるみたいだった。
一通り見て廻って、パーカーを購入。

改装中のブショロンのファサードは夏に来た時とちょっと変わっていた。

やっぱりヴァンドーム広場はエレガント♪

朝から夜までずーっと霧の晴れる事のなかった1日、凱旋門も霞んでいる

クリスマス時期のイルミネーションに彩られたシャンゼリゼを歩くのはとても久しぶりだった・・・・

気のせいかもしれないけど、10年前ぐらいの方がもっとキラキラして綺麗だったイメージがある。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK