sponsored Link

旧正月にアジアの中の南欧マカオへ!

Benoitとの最初の旅行先は”マカオ”
確か市街の歴史地区が世界遺産に登録されてから間もない頃。
東京から香港、そして1時間程フェリーに乗ったのを覚えている
マカオに行ったのは何時だったかしら?とパスポートを見たら2006年の10月だった。6年ちょっと前の事

Macau 01.2013 087

観光客で溢れるセントポール大主堂のファサード前

Macau 01.2013 102

1本裏の小路には誰もいない

Macau 01.2013 103

Macau 01.2013 119

セナド広場の目の前にある民政総署には綺麗なアズレージョが残っていて、静かで綺麗な所だったのに

Macau 01.2013 120

ここの中庭も人でいっぱいだった。

Macau 01.2013 124

しょうがない、旧正月の休み期間最中は

macao

どこも中国人でいっぱい!

Macau 01.2013 096

マカオらしい、漢字とポルトガル語表記の標識

Macau 01.2013 099

6年前は丁度建築中だった面白い形をした”ホテルリスボア”に春節飾りがちょっとシュール!

Macau 01.2013 114

リスボンの街と同じ様なタイルが敷かれてるセナド広場も春節飾り
それにしても、観光客の数が断然増えたようだ!

macau

6年前も10月の国慶節期間中だったから、中華的な飾りが広場にされていたけど
こんなに人はいなかった・・・・

Macau 01.2013 130

マカオの街の中心”セナド広場”を離れ、歴史的建物が残る道を歩く・・・・
もう観光客はほとんどいない!

Macau 01.2013 144

アジアの中のポルトガル

Macau 01.2013 140

2年前のポルトガルの旅を想い出しながら
まるでリスボンの街を歩く様に丘を登ったり下ったり・・・

Macau 01.2013 146

石畳の通り、クリーム色や緑、ピンク色したコロニアルな建物、教会

Macau 01.2013 147

再び中国人で溢れる有名なお寺の前を通り

Macau 01.2013 148
マカオで一番好きな場所、17世紀の要塞跡に倒着。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK