sponsored Link

ドイツの森の中でガッツリステーキ!@Hotel Jagdhof Glashutte

ドイツの森の中のホテルジャグドフでのディナーはサロン同様に鹿の角が一杯のレストランにて

サロンでのアペリティフを終え、いったんお部屋へ戻ってレストランへ向かうと
オープンキッチンには大きなグリルセクションが見えた。
ここのレストランではシーフードもお肉もグリルがメイン!

可愛くデコレーションされた、席の一角

ホテルの周りには何もないので、宿泊客は必然的にここに食べる様になるので、
予約をしなくとも席は確保されている。

ランプもにも鹿のモチーフ

アミューズブシュで運ばれてきたパテと何故かビール。
ビールが250mlぐらいあったと思う。ドイツ人ビール好きだね!

私はスターターはスキップだしたけど、Benoitはエスカルゴをオーダー。
一つもらったけど、ガーリックが効いてて美味しい。

メインは二人ともここの看板メニューのステーキ300g
本当は半分の150gぐらいで良いのだけど、そんなサイズはナシ!

ステーキの下にグリルされたポテトもあったのに
サイドディッシュとして、大きなポテトもドーン
流石に食べられない・・・・・苦笑

スタッフには軽いから大丈夫って言われたけど、全然大丈夫じゃないし、軽くもないよ~
ベルギーもイモの国だけど、ドイツも本当にイモの国だ!

そうそう、ここのスタッフ達の中には民族衣装でサスペンダー付きのハーフパンツを履いていて可愛かったのだ。

勿論デザートはパス!〆にディカフェインのカプチーノ。

食事も住んでお部屋へ戻る途中、サロンを除くと誰も居なかった・・・・

ガッツリお肉を食べたこの日のディナーだったけど。
翌朝の朝食も肉屋さんですか?と思うくらい沢山のハムやソーセージが並んでいたのです!

つづく・・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK