sponsored Link

デンバーから日帰りコロラドスプリングス、強風吹き荒れる4301mの山頂パイクスピーク

Gray lineのツアーでデンバーからの日帰り旅。
エアーフォースアカデミー、ガーデン オブ ザ ゴッズと回って、このツアーのメインとなるのがパイクスピーク。

カナダのブリティッシュコロンビア州からアメリカのニューメキシコ州まで連なる長~いロッキー山脈のうちで、
もっとも有名なアメリカの山頂の一つなんだそう。

可愛らしいマニトウスプリングスと言う小さな町(山麓に沢山ある炭酸泉の飲泉が結核に効くとされたことから19世紀頃に出来た保養地)を抜けると、パイクス ピーク コグ鉄道の可愛い駅舎に到着。

なんだかディズニーランドに来たみたい~!!
早々、赤い車両に乗り込む♪

歯車と言う意味のコグ(Cog)。

機械の事は良くわからないけど、歯車で噛み合わせて勾配を上る鉄道で、世界一高い登山鉄道は、
頂上までの道のり約14キロメートルを約1時間ぐらいかけて登って行くのだ。

1マイルの街デンバーで標高1,609m。
コロラドスプリングスの市中心部ではそれよりも約230m高い1,839mだから、
このマニトウスプリングスはそれよりももう少し高いはず。

ガタンゴトンと旧勾配を登る車両の窓からは大きな岩の間を流れる小さな滝が見えたかと思うと、
白樺の葉が黄色に染まるエリアだったりと色々目を楽しませてくれる。

雲一つない快晴の空、登る前は車両の窓を開けていたけれど、高度が上がるに連れて段々と寒くなってくる。
車内のアナウンスもこれから先、冷凍庫並みの寒さになるので窓を閉める様に言っていた。

草木も育たぬ石ころだけのエリアに入ってしばらくするとWindy point。

石で出来た小屋がポツンと立っていた。
ここで12,129ftって事は、約3,696.9m。富士山よりも高いところ!

山頂からの眺めは晴天ともあってコロラドスプリングスの街も遙か下に見渡せるほど素晴らしいけれど、

風の強さが半端じゃないほど強くて、
歩くのも前かがみになって歩かないと歩けないほど、プラス物凄く寒い!!!!!

チベット以来の高所!標高4,301m

でも周りに雲がないから?なのかは分からないけど、
チベットではあんなにうわぁ~空がちか~いなんて感動したのに、
4,301mもある場所なのに、空の近さとかはあの時みたいに感じられなかった。

ただ空気が物凄く薄いという事は歩いてすぐに感じられた。
チョット歩くと頭がくら~っとしたもの・・・・・

山頂にはお土産などを売っている小屋とちょっとした展望台があるだけ、
麓からのトレッキングコースもあるので、つえを片手に登っている人たちがいてビックリ!
私には山登りは絶対無理そうだ!

来る前から防寒具の用意はしてあったものの、身震いするほど寒い山頂。

30分程停車した車両は来た道をゆっくりと降りて行く・・・・
こうして上からみると森林限界が良くわかる。

青い空

Windy pointを過ぎたとこころで、登りの車両とすれ違った。

酸素が薄くて強風が吹きつける過酷な場所にいたから、
太陽の光が暖かい広葉樹が広がるエリアに戻った頃にはちょっとホッとした。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK