sponsored Link

デンバーから日帰り旅。自然がいっぱいロッキーマウンテン国立公園 1

コロラドスプリングスへ日帰りで行った翌日も同じGray lineのツアーに参加して、
この日は自然がいっぱいのロッキー山脈へ向かう!

ロッキー山脈と言えば、雪山を背にした湖に針葉樹の森があって、(それはカナディアンロッキーの方かも)
登山靴やちゃんとしたトレッキングシューズを履いて何日もかけて歩いてまわるイメージだった。
公園を囲む様にしてある外側の道からなら車でスーッと回れてしまうのね~

デンバーを出発した車は一路西へ!
街を抜け平野を走って、しばらくすると車は岩山へと入っていった。
最初に降りた場所はClear creek canyon。

岩山の間に川が流れていて、山から流れる川の水は見るからに冷たそうだ。

昔、この辺りには金鉱が沢山あったようで、
クネクネした山道から再び国道へ出るとアイダホスプリングスの辺りには鉱山の採掘場跡が窓から見えた。
私が座っていた席とは反対側にHard rock cafeのオリジナルだと言う店を通り過ぎた。

今ではエレキギターのマークで有名な音楽のハードロックカフェだけれど、

それのオリジナルがココで、
元はハードロック(固い石の意味のハードロック)カフェだとガイドが言っていた。←どうなんだろうね?

更に西へ進み山道をぐんぐん登って

一気に11,307ft(=3,446m)の地、バーザットパスに到着。
前日に4301mの場所ににいたからか、3400mなんて全く平気なのが自分でもびっくり!

そこから進路を北にしてウィンターパークを通過。
木立の間にはログハウスが沢山建っていた。

ウインターパークはコロラドのクラシカルなスキータウンで、アメリカで最も有名なスキーリゾート地のひとつ。
冬のシーズンは11月からなので、訪ねた9月はちょうど夏のシーズンが終わる頃。
ここから徐々にロッキーマウンテン国立公園と進んでいく。

公園のゲートをくぐってしばらく走ると湖が見えてきた。

グランビー レイクにシャドー マウンテン レイク、そして最後にグランド レイク。

グランドレイクの湖畔のロッジでランチ休憩。ここで標高8367ft(=2550m)

ロッジ前にはクラシカルな車が停まっていた。

黄色く色づいた白樺に囲まれた青い荷台が絵になる

申し分のない天気で、ロッジからの景色も最高!

ランチはツアーなのでビュッフェ。ササッと済ませてロッジの周りをブラブラ歩いた。

大自然の中での紅葉狩りは空気も澄んでいて深呼吸が気持ち良い♪

岩がごろごろ転がっている道端にササッと動く影・・・・よ~く見るとシマリスだった!

ちっちゃ~い、かわいい!!!!!脅かさない様にそーっとゆっくり近づいてみる。

なんか食べてる?とっても愛らしい仕草に思うわず一笑みが出てしまう。
きっと傍からみたら変な人に見えたかもしれない・・・・・

しばし見ていると、後ろからランチのテーブルで一緒だったアメリカ人姉妹に声をかけられ
シーっと口に指をあててみたけど、可愛いシマリスは去ってしまった・・・・・・・・
”あ~ん今リス(Squirre)がここに居たのよ!!!”と写真を見せてあげたら、
あら!これはリスじゃなくてシマリス(Chipmunk)ねって、
シマリスのことチップモンクって言うって初めて知ったのだった。

シマリスを真近で見たのなんて随分と前に行ったグランドキャニオン以来だった。

ランチ休憩後、これからがロッキーマウンテン国立公園の本番だ!
車は走り再び高度が上がっていった・・・・

つづく・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK