sponsored Link

シェラトン デンバー ウエスト ホテル、クラブレベル エグゼクティブルーム

昨年の9月Benoitの出張に同行した時に4泊したシェラトン デンバー ウエストホテルは、

他のゲストを見てもビジネスで来ているあろう人達しかみかけない、
超が付くほどの田舎のビジネスホテルだった・・・笑

普通のキングルームで予約をしてあったけれど、
クラブレベルのお部屋にアップグレードしてもらえた。

アメリカらしく?テーブルの上に置かれたコンプリメンタルのコーヒーはスターバックス。
スタバのお店で扱っているのと同じ紙コップにプラスチックの蓋も置いてあって、
ちゃんと持ち出し出来るようになっていた。(朝の忙しいビジネスマン用?)

バスルームもアメリカンサイズ?ゆったりとしていた。

デンバーのダウンタウンからは車で40分程離れているので、
窓から見える景色はコロラドの山々に囲まれて、これは圧巻!

時差ボケもあって早く起きてしまったけど、毎日綺麗な朝焼けが見れたのだ。

朝日に照らされてオレンジ色に染まる山を見ていると、
ここがMile High City (標高1マイルの街)=約1,609mと言われるのを思い出した。

空港からホテルへ送迎してくれたドライバーさんにも、
ここは標高が高いし空気も乾燥しているから水を沢山飲みなさいと言われた。

チベットでも言われたけど、高所ではとにかく水を飲む!と言うのが鉄則。

お部屋とは反対側の窓からはデンバーの街が遠くに見える。

小さいけれど一応クラブラウンジ

夕方になると、アペリティフタイムでちょっとした食べ物が食べられる

このラウンジのスタッフはシェラトンのスタッフではないのか、
Bar timeには70過ぎのお婆ちゃんだったり、若いお姉さんだったり、
日替わりで色んな人が(私服で)バーカウンターに立っていた。

お婆ちゃんと呼ぶのは失礼かもだけど、ある日ラウンジの閉まるギリギリに入ったら、
同時に来た女性もいた事から、”あら~レディース!ギリギリ間に合ったわね!さ~何飲む?”って
元気いっぱいのお婆ちゃんで、何だかアットホームで他には見る事のないほのぼのラウンジだった。

ベルギーからデンバーに着いてすぐの初日のラウンジにて、
バーにベルギースタイルのエールがあったので、すかさず飲んでみた。
FAT TIRE・・・・・他のレストランでも扱っていたので、デンバーではメジャーなのかな?

勿論朝もフルーツを始めパンに卵にベーコン,etc・・・・・提供されているけど、
何分にも小さなラウンジなので、品数は少な目。

一応ジムもプールも完備!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK