sponsored Link

初めて食べるポピアはThe Warehouse HotelのPóで

初めて食べるポピアはThe Warehouse HotelのPóで

シンガポールのリバーサイドホテルThe Warehouse Hotelで滞在中、楽しみにしていたレストランのPó。

レストランはバーの奥にあった。一応8時に予約はしていたけれど、バーでアペリティフを飲んでいると、もし良かったらサロンの方でテーブルの用意をするので、そちらで早めのディナーも出来ますよ!という嬉しい提案に、翌朝にはコチラで朝ごはんするのだしと、サロンで食べる事にした。

すでに着席している人達をみると、どうやら宿泊客はこちらでディナーしているみたいだった。

モダンなシンガポール料理(プラナカン料理)が食べられると聞いていたけれど、コチラのシグニチャーでもあるポピアと言うのは初めて。

ポピアの食べ方なんて言う説明書きもあって、これに沿って行けばよいらしい・・・・

まずはお通し、

そしてドンと運ばれてきた切り干し大根の様な物に追加で頼んだエビ。

北京ダックを食べる時の皮の大判に沢山の薬味にソース。

コチラはBenoit作のポピア。絶対に欲張って乗せすぎなやつ!

美しく巻けた!私作。

このポピアはプラナカンの女性達が作ったニョニャ料理で、ホーカーなどで食べらるらしいけれど。こちらのレストランでは自分で巻き巻きするタイプでシンガポール風手巻き春巻と言った感じ。

手巻き寿司もそうだけど、こういうDIY系って大勢で食べると楽しいと思う。ナッツやハーブ、甘辛く煮たカブの様な野菜が絶妙にあう。とっても美味しかった!

ポピアを頼んだら、後はメインと野菜で十分だというアドバイスに従って、鶏肉のグリルとキノコのソテーwith揚げ出し豆腐。

ポピア、今度ホーカーで見つけたら食べてみたい!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK