sponsored Link

岩山に立つ修道院とビザンチンの廃墟ミストラ

トロの街からずーっと海岸線を走って行くと道はleonidiaの町から海岸線は終わり、山の中へ入って行く。

暫く行くと見えてきたElonis修道院
新聞で見たとおりだ!
岩の上に建つ修道院メテオラもすごいけど、こっちもある意味すごいなぁ~山を削って作ったんだしょう!!!

外から見るだけだったけど、
きっと修道院から見渡す景色はすごいんだろうなぁ~

さて、アテネに帰るのに今来た道を戻るのは少々大変、
更に西へ行ってスパルタ経由で戻った方が道が良いとの判断からスパルタまでひと山越えてのドライブ

途中の小さな村コスマス。 広場には大きな木が黄色く色づいていた。

午後6時頃スパルタに着いて、どうせならついでにミストラへ寄って行こう!となって、
6km先のミストラへ
まだ中に入れる時間だったけど、日もほとんど沈みかけてるので 外から見学のみ。

ビザンティンの廃墟と呼ばれるミストラ
世界遺産にも登録されている

1つの山の斜面に教会の町が築かれていて、山から下の平地が見渡せる 景勝地

13世紀初期に十字軍の要塞だった所を14~15世紀にかけて東ローマ帝国の地方総督の本拠地となった場所。

文化人の出入りも多く、”オリエントのフィレンチェ”と呼ばれる程栄えていたんだそう。
教会内部のフレスコ画がすばらしいらしく、これは又の機会に・・・・・

アテネに戻る前にお茶をしたスパルタの広場
スパルタと言えば、『スパルタ教育』の語源となった場所
今は石が転がる遺跡とレオニダスの像があるぐらいで
過去の栄光が残るような場所は何もない

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK