sponsored Link

アルザスの要塞都市ヌフ・ブリザック

2009年12月19日前後、西ヨーロッパは寒波に包まれた!
着いた日は丁度晴れていたので飛行機は無事着陸出来たけど。
その前後日は飛行機が遅れたり欠航だったので、本当にラッキーだったと思う
しかし翌日、アルザスへ向かう道中は雪で大変!ほとんど進まない・・・
普通のウインタータイヤをはいた車も雪で滑って危ない。
このままでは到底アルザスに行けない!って事で、 空港まで何とか行って、4輪駆動の車に変えてもらった

Belgium 01.2010 006

4輪駆動ブラボー!!!こんな道もガンガン走る
粉砂糖をかけた様なモミの木の森を抜け、普段なら4・5時間でつくはずなのに
家から空港に寄ってアルザスの町コルマールに着いたのは10時間後だった。

Belgium 01.2010 023

アルザスの街歩き第一弾はアルザスの要塞都市ヌフ・ブリザック。
廻りをぐるっと塀で囲まれていて辺り一面雪が積もってる。

Belgium 01.2010 022

町へのアクセスは唯一この橋を渡って

Belgium 01.2010 021

中に入ると別になんとことない、普通の町なのだけど、

NeufBrisach
ドイツ観光局HPより拝借

1697年にドイツ・ブリザックの代わりとしてルイ14世が国土防衛を目的に作らせた八角形の要塞都市で、
世界遺産にも登録されているのだ

アルザス

早朝の町はまだ静かだ

Belgium 01.2010 018

アルザス

アルザス

春や夏には緑色の絨毯であろうワイン畑もすっかり葉が落ち、
茶色と白い雪が永遠と続くアルザスのワイン街道を走り次の村Ribeauvilleを目指す・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK