sponsored Link

Aman-i-khas アマニカスからジープに乗ってサワイマドプル散策

ランタンボール国立公園への玄関口サワイマドプル。
アマニカスでは、ゲームドライブの他にアクティビティとして

”ラクダに乗って公園近くの村散策”があって、担当のバトラー君に強くお勧めされたけど、
ラクダにはあまり興味がないので、サワイマドプルの街へ

ランタンボール国立

ローカルの暮らしを見て回る方が面白い

ランタンボール国立

ラクダが通る

ランタンボール国立

ここに限らず、何処の町でも朝はゴミ溜めで、
豚やら牛がゴミをあさっている光景を目にする

ランタンボール国立

ここはナッツ屋さん

ランタンボール国立

古くて汚いけど、手入れすれば素敵な建物

ランタンボール国立

子供たちは車を見かけると笑顔で寄って来る

ランタンボール国立

塀の上に座って授乳中のお母さんサルと目が合った!

ランタンボール国立

小学校の前を通り過ぎると、屋上で学芸会?があるとかで呼ばれて中に入ってみる

ランタンボール国立

まぁ~小さな学校なので大したことはないのだけど
屋上からの眺めが、乾いた山を背にするヒンドゥー寺院、高いヤシの木がとても印象的だった

ランタンボール国立

小さなヒンドゥー寺院でも中に入る時は靴を脱がなければいけない

ランタンボール国立

町を離れて村へ

ランタンボール国立

山羊使いのお爺ちゃん

ランタンボール国立

牛糞は火を焚くのに使う大事な資源

ランタンボール国立

村では、よく頭に水ガメのっけて歩いている女性を目にするけど

ランタンボール国立

その水ガメを作るのも、ろくろは機械じゃなくて手動だった・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK