sponsored Link

Taj lake Palace ~ドラマチックなチェックインとロマンチックなプライヴェートダイニング~

デリーからずーっと一緒、いつも安全運転の担当のドライバーさんも、
この日はちょっぴり飛ばし気味

ジャイプルから車で6時間とちょっとでホワイトシティーと呼ばれるウダイプルに着いた。
ここでの宿はピチョーラー湖に浮かぶ白亜の宮殿、タージ・レイク・パレス

漠然と、日が暮れる前にホテルに着ければいいなぁ~と思ってはいたけど、
こんなドラマチックなチェックインになるとは思ってもいなかった・・・・

udaipur

あと少しで太陽が沈むと言うその時に、タージホテル専用の船着き場に到着したのだから

udaipur

夕陽を浴びるレイク・パレス

udaip@ur

アイアンレースがより一層美しく際立っている

udaipur

ボートに乗り込み、いざホテルへ
翌日訪ねるシティーパレスも沈みゆく緩やかな陽に照らされていてきれい・・・

udaipur

私達の到着を待っていてくれたかのように、ホテルに着くと太陽は山陰に姿を消していった・・・・

udaipur

はぁ~・・・・なんてドラマチックなの~~~
ジャイプルのランバーク・パレスと同じく、薔薇の花びらのシャワーを浴びながら館内へ・・・

udaipur

部屋を案内してもらい、少しくつろいだ後はコートヤードでアペリティフを頂く

udaipur

そして向かったのが、プライヴェートダイニングスペース

udaipur

キャンドルと花びらで飾られた
素敵な素敵なスペースは、今宵は私達だけのもの・・・・
このプライヴェート・ダイニングは私達二人のインド旅行をオルガナイズしてくれたトラベルエージェンシーからのギフト!

udaipur

専用のバトラーが付き、あれこれと世話をやいてくれる。
食事中1枚の写真を撮ってくれたのだけど、
食後に一冊のアルバムをウダイプルの思い出にと頂いた。
レイクパレスが書かれた表紙をめくると、
先ほど撮ってくれた写真が貼ってあった・・・・・

udaipur

ハネムーナーでもないし、特別の記念日でもないけど、
とても素敵なひとときだった・・・・・

udaipur

そして翌日は大晦日、
この日とはうって変わってお祭り騒ぎの様だったタージ・レイク・パレスでの大晦日だったのだ・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK