sponsored Link

ブリュッセルからタリスに乗ってパリへ1Day trip!

夏前から始めたモザイク。そのモザイクの材料であるタイルやガラスを購入したくて、
モザイクの先生オススメの店へ向かうべく女4人でタリスに乗ってパリまで!

cimg7600

ブリュッセルの南駅からパリの北駅まで1時間ほど

cimg7605

北駅からバスに乗って着いたお店はお政治にも綺麗とは言えないけど、私達にすればワンダーランド! 笑

cimg7607

これはビーズのお店に足を運んだりする時と同じで、次から次へと欲しくなってしまうのだ!
なんだかんだと2時間以上お店にいただろうか?でも肝心の今日の最大目的は果たしたので、
一度北駅に戻って重い持つを預けてからランチ。

cimg7608

ランチ後はメトロに乗ってロダン美術館へ向かった

cimg7619

ナポレオンの眠るアンヴァリッドのお隣にある美術館
館内にも沢山の作品が置かれているけど、個人的には庭の方が良い。
ロダンと言えば、誰もが知っている作品”考える人”

cimg7616

最初は”詩人”と名づけられていたらしいのだけど、ロダンの没後に鋳造職人により”考える人”になったらしい

cimg7618

そんな考える人は綺麗に刈り込まれた木に囲まれていた

cimg7620

そして、もう一つ ”地獄の門”

cimg7623

(本物はオルセー美術館)
この門はダンテの神曲からインスパイアーされて作られた物で、それを”地獄の門”と名付けんだそう。
その門の頂上の部分に”考える人”があって、
地獄の門の上で熟考するダンテを表そうとしたものであると言う説があるとかないとか・・・

cimg7625

イタリアのヴェローナでダンテの像を見てきたばかりだけど、全く似てないね・・・・・
(遠くにはエッフェル塔が見えた)

cimg7627

パリも枯葉の季節。街角では焼き栗も売り始めていた

cimg7629

傾く夕陽に照らされたアンヴァリッドのドーム

cimg7631

まるでシャトーの様な美しいロダン美術館のアネックス

cimg7636

スッカリ暗くなったパリのオペラ界隈。
ギャラリー・ラファイエットでそれぞれ別行動でお買い物タイム!

cimg7643

最後にタリス内で夕食にしようと、お隣のメンズ館2階のグルメコーナーへと行ったら
すっかりなくなっていた・・・・・アレ?私の記憶違い?確かに2年前はここにあったのに・・・・・
聞いたら、向かいのメゾン館に移っていた。
夕食もgetして私はついでにアランデュカスのチョコレートを買って帰ってきた。
約10時間のパリ滞在は女4人という事もあって、楽しい時間だった。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK