sponsored Link

ダミアン・ハーストのホルマリン漬けの牛を見ながらステーキを食す@トラムシェッド

ロンドンでショーディッチのノブホテルに泊まるなら是非行ってみたかったお店がTRAM SHED。
ロンドン行きが決まってから、友達にすぐ連絡して予約をいれてもらったのだ!

ダミアン・ハーストの作品で牛と鶏のホルマリン漬けがレストラン内にドーンと鎮座している。

初めてこの人の真っ二つに割れた牛のホルマリン漬けの作品を見て、
私には奇想天外過ぎて理解できなかったのを覚えている。
こうやって見てもやっぱりシュール過ぎて理解できないけど・・・・・・笑

トラムシェッドは元トラムの変電所だった場所を改装したレストラン。

メニューはアートが示している通り、チキンorビーフ・・・・笑

スターターにはズッキーニのグリル。

そうそう、ロンドンだけなのか分からないけど、イングランドでは英語のzucchini(ズッキーニ)ではなくて、
フランス語のcourgette(クルジェッ)と呼ぶんだそう。なんでそこだけフランス語?

ドーンと運ばれてきたリブステーキ250g。
お隣の席を見れば、ナイフが刺さったチキンが丸ごと運ばれてきて、もう~目が点・・・・・

ステーキのお肉の選択はリブにサーロイン、Tボーン、etc・・・色々あるけど、
サイズは250gか500gの2択。

私はお昼にノブでガッツリ食べてるし、女二人で500gは多すぎると250gにして二人でシェアーした。

運ばれて来るとスタッフが切れのいいナイフでスパスパと食べやすい大きさに切ってくれる。
このステーキ、ジューシーで激ウマ♡

もう頭上にあるホルマリン漬けのことなんてスッカリ忘れていた・・・・・

食後は腹ごなしに夜のショーディッチを徘徊

ブリックレーンの有名なベーグル屋さんBeigel Bake
ブリックレーンは昼間にも歩いているけど、昼夜問わず人で賑わっていた店。

友達曰く、このソルティービーフがこの上なく美味しいらしいのだ!
お店自体はお政治にも綺麗とは言えないけど・・・・・・

今回のロンドン滞在中では食べられなかたので、来年リベンジ決定!(うん、絶対食べてみた~い)

更にプラプラ歩いていたら、アムステルダムの飾り窓みたいにピンクの明かりが灯るバー発見!
中を見ると空いていたので飲んで帰ることにした。

丁度この飾り窓の近くのハイチェアーに座って飲んでいたのだけど、
入れ替わり立ち代わり写真を撮って行く人達あり!
中には店に入って写真だけ撮って帰って行く人たちも・・・・

あ~ロンドンは楽しい・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK