sponsored Link

ギリシャのフォーシーズンズホテル、シービューのガーデンルームに滞在

8月上旬、夏のスーパーハイシーズンなのに思い立ったが吉日で翌日の予約を試みたら、空いているのが松林ビューのバンガロウかこのシービューのガーデンルームのどちらかの2択という事で、後者をポチッとしたBenoit。

HPより

フォーシーズンズホテルに変わる前はSPGグループで、手前のグリーン部分がバンガロウ、真ん中の建物がラグジュアリーコレクションのアリオン、そして一番奥がウエスティンホテルだったのです。この敷地の全部を称してアスティアパレスと呼ぶのだけど、敷地内にはレストランのノブ マツヒサも入っている。

フォーシーズンズホテルに変わっても、バンガロウとアリアオンはそのままに、ウエスティンホテルだった建物はナフシカとして生まれ変わっていた。

改装以前にアリオンの方は泊まっていたので、違う方に滞在出来て良かった!→アテネのアスティアパレス アリオンに滞在!

建物自体は壊してないので、部屋の構成自体はあまり変わらないのではないかと思う。

シービューのガーデンルーム。ちなみに両隣はガーデンルームでもプール付きのガーデンルーム。

振り返ると確かにシービューなんだけど、プールサイドバーが目の前なのね・・・だから空いてたのか?

お隣さんたちはお庭でディナーなんか食べてたけれど、私達はシャワー後の水分補給時に利用した位だったテラス。

カードキーをかざすとガラス戸が自動で開くの!それもとてもゆっくりと・・・

部屋に入ればソファと向いには丸いテーブルとイス。

フルーツはお部屋に入ったとほぼ同時にスタッフが届けてくれた。

お部屋は長細い作りで、奥もドアがあるので、こちらからも行き来出来るのか聞いたら、出来ないと言われた。まだ廊下が出来てないとか?その辺は良く分からないけど、まだ4カ月位しか経ってないので、追々変わっていくのかも・・・・

そうそう、部屋を案内してくれたスタッフとの話の流れで私達のアテネのお家と超ご近所さんだという事が判明!やっぱり世界は狭いのだ~

シンガポールのラッフルズの様に大改装後のお部屋に泊まったりと最近新しいお部屋に泊まる機会が続いたのだけど、やはりとっても気持ち良いし、より贅沢に感じる。

家具も何もかも傷一つなく真新しいのだもの~(逆に汚しちゃいけない!と気を付けるし)

肌ざわりの良い上質なリネンの間に潜り込めば身体を優しく包み込んでくれる様でとても気持ち良い。

改装後だからと言ってペンキやシンナーの匂いが残っていることもなく、本当にキレイ!

ちなみにカーテンも何もかもオートマチック。

あっ、クローゼットの開閉は手動です。

蜂の巣の様な大理石のタイルが敷き詰められたバスルーム。

鏡に映るドアと真ん中に置かれたティシューBOX、見てたらなんだか眼鏡をかけたフクロウのキャラクターの顔に見えてきちゃった・・・笑

バスタブと向い合う様にトイレとシャワーブース

アメニティーはLe Laboのもの。Le Laboはベルギーのゲントのホテルに泊まっていた時に初めて使ったのだけど、Santal33はセクシーと言うか落ち着いた大人の男の香り?で好みだったのを覚えている。こちらのLe Laboはヒノキと言うくらいなので、強く主張すぎないエレガントな香り。固形石鹸ラヴァーなので素敵なバスアメニティーが揃っていると自分の中でのポイントもUPするのです。 

ゲントの旧郵便局を改装した1898 THE POSTのジュニアスィートに滞在

お食事編へとつづく・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK