sponsored Link

シンガポールのThe Vagavond Club、コートヤードのお部屋に滞在

The Vagabondで滞在したお部屋はコートーヤードに面したコートヤードルームで、クラブラウンジに何時でもアクセス出来るクラブルーム。

1階のラウンジ同様に絵や写真が至る所に飾ってある。

22㎡とかなり狭いお部屋だけど、エグゼティブスイートでも34㎡だし、今回の目的はクラブラウンジでのウィスキーのティスティングが目的だったので、ご飯食べて飲んで、そのまま寝られれば良いねと、お部屋はそんなに重要でもなかったのです。

お部屋のドアを開けるとまずはデスク。

1階のレセプションカウンターが金色のサイだったけれど、お部屋の中はブックスタンドがサイだった。

飾ってある絵や写真も全て関連性がないのだけど、違和感がないのも不思議。

コートヤードでコーヒーでもと思っていたけど、雨が降っていたので利用せずじまい。

コートヤードは他のお部屋と共有。

ベッドルームとシャワーブースとの間が洗面。

狭いので勿論シングルシンク。

バスアメニティーはエトロ。エトロは容器をアップデートしたようで、ペイズリー柄がブランドのイメージそのもの。以前は蛍光色を使ったビビットな容器だったので、こちらの方が断然良いと思う。

洗面の正面がクローゼット。ミニ金庫にネスプレッソマシーンにポットがあって、狭くとも必要な物は一通り揃っている。ミニ冷蔵庫はデスク横にあった。

花柄の引き戸を開けると、シャワーブースに、おトイレ。

おトイレにもちゃんと飾ってある絵画たち。

ホテル自体が籠って過ごすホテルではないので、日中は外に出て、寝に帰って来るようなステイの仕方だったら1,2泊だけなら十分かもしれない。

一度見たかった1000本ものウィスキーボトルが揃うウィスキーラウンジへ潜入へとつづく・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK