sponsored Link

ウッフィツィ美術館 ~秘密の通路、ヴァザーリ回廊を歩く~

朝8時前のフィレンチェの街は静かだ
日中は人で溢れかえるシニョリア広場

騎馬にまたがるコジモ1世、ネプチューンの噴水にダビデの像も独り占め
土産物屋がゆっくりと広場に開店準備を始めるだけ

italy

もうすでに人が並び始めているUiffizi美術館
それを横目に従業員がザワザワと行き交う簡素なドアから館内に入った

まだ他の観光客のいない静かな館内を歩き
次々と絵の干渉をしていく・・・・

ビザンチン風なジョットの絵、
それを鑑賞している頃に美術館がオープンしたのか、
最初の入館者達が押し寄せてきた

フィリッポ・リッピ、
そして彼に影響されたボッティチェッリへと観ていくと、
正に静から動へと絵が変わって行く様が見れとれるのが面白かった。
一度は見てみたかった”プリマベーラ”やヴィナース誕生”等美術の教科書で見た絵が並んでいる

朝早かったので簡単な朝食を美術館のテラスにてクロワッサンにカプチーノ
テラスからはヴェッキオ宮の塔にドォーモの屋根が見える
雲っていた空も青空に変わっていた

朝食後係員と待ち合わせして、お待ちかねのヴァザーリ回廊へと続くドアの鍵を開けてもらう

04.2014 Firenze 220

ポンテ・ヴェッキオの真上をあるいているのだ!
小窓からは行き交う人々が良く見える

04.2014 Firenze 225

コジモ1世の依頼を受けてジョルジオ・ヴァザーリが設計、
私邸のピッティ宮殿からアルノ川を渡って執務所のヴェッキオ宮殿に安全に行けるよう
5か月で仕上げた回廊、メディチ家専用の秘密の通路

04.2014 Firenze 230

上からは丸見えでも、下からは全く見えないのだ!
ちょっぴりコジモ1世の気分・・・

italy

橋を渡ったところにあるサンタ・フェリチタ教会、
メディチ家専用のバルコニーがあって、下まで降りずに礼拝が出来るようになっていた

1枚だけ写真を撮ってもいいよと許可された
回廊の中は肖像画がズラーッと並んでいる
今でいうならFacebookみたいなもの?

DSC_0201 (2)

出口はこんなところ

04.2014 Firenze 236

ボーボリ公園のグロッタの横
小説インフェルノではロバート・ラングドンとシエナは私達とは逆にボーボリ公園からヴァザーリ回廊を通った事になる

04.2014 Firenze 241

広いボーボリ公園は見るところも沢山あるけど
私達が目指したのは別の場所だった・・・・
春にフィレンチェに来たなら絶対に行きたい場所・・・

つづく

今回のヴァザーリ回廊は
事前にネットで申し込んでおいた。
オフィシャルガイドと一緒に美術館の開館時間よりほんの少し前に入館して、
美術鑑賞後テラスで軽い朝食
そして秘密の回廊を歩く少人数のVIPツアー

VIPと言っても申し込んでおけば誰でも入れるのだけど・・・・

Weekend in italy

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK