sponsored Link

as time goes by ~アルバイシンの丘で 時の過行くままに・・・~

シエスタ後、陽が沈むには少し時間があるけど、グラナダの街を歩きがてら

alhambra

アルバイシンの丘を目指す

alhambra

アルハンブラ宮殿、ホテル、アルバイシンも丘の上、街の中心は丘の下
グラナダに来てから登ったり、下りたり・・・

alhambra

そんなに遠くないと言うBenoitの言葉を信じて坂道を進む

alhambra

きっとそんな距離はないのだろうけど、暑さがこたえる・・・・

alhambra

たどり着いたのは夕陽に染まるアルハンブラ宮殿を見に大勢の人がやって来ると言うサンニコラス展望台

alhambra

ロマの人達だろうか?彼らがギターを鳴らし歌っている

alhambra

アルハンブラ宮殿が見えるカフェ&レストランは数件あるけど、
EL HUERTO DE JUAN RANAS(エル・ウエルト・デ・フアン・ラナス)へ

alhambra

目の前にはシエラ・ネバタ山脈を背にした宮殿、
展望台から聞こえてくるギターと歌声に旅情を掻き立てられる・・・

alhambra

せっかっくの好立地、カフェでアペリティフの間にディナーの予約。
生憎一番前のテーブルは予約が入っていた

alhambra

カヴァを飲みながら夕陽が赤く照らす宮殿を眺める

alhambra

明かりが灯りだした

alhambra

美味しいイベリコ豚も違う部位を少しづつ・・・

alhamabra

昼と夜の間の青い時

alhambra

デザートになっても一等席のテーブルは空いたまま・・・・

alhambra

すっかり暗くなった

alhambra

一等席を予約したカップルが現れたのは私達がお勘定を頼んでいた時だった
そんな事ならば、私達をあの席に案内してくれても大丈夫だったのに・・・

それでも目の前を誰にも遮られず、
昼から夜へと時の過行くままにアルハンブラ宮殿を眺めながら美味しい食事が出来たのだった

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK