sponsored Link

アンダルシアの宝石,アルハンブラ宮殿 ~Palacio de la Alhambra~

グラナダと言えば、アルハンブラ宮殿、
よく”一生に一度は行きたい絶景とか名所”にも選ばれるほど

alhambra

イスラム建築の最高傑作とも言われる美しい宮殿は

alhambra

シンプルな外観を見ただけでは分からない、
薄暗い部屋から部屋へと歩を進めると
水鏡にコマレスの塔が映るアラヤネスの中庭に出た

alhambra

そして、ライオンのパティオへと・・・・感嘆の溜息が出る

alhambra

アルハンブラ唯一の具象12頭のライオンの像は14世紀、特権のお礼にユダヤ商人から贈られたものだそう・・・

alhambra

パティオを囲む美しい柱の林はヤシの木を模してるとされていて、

alhambra

装飾だけで建物を支えるという柱本来の役割を果たしていないのだそう・・・

alhambra

とても美しいパティオだけでも、30数人の首がここではねられたりと、血なまぐさい場所でもあった
今では毎日幾人もの観光客が訪れる場所になってるとは、ナスル朝の王達も考えもしなかっただろうに・・・

alhambra

降り落ちてきそうな、鍾乳石の飾り

alhambra

かつてはグラナダの街を見渡せたダラハの出窓は
レコンキスタ後の増築で今は中庭を見るだけ

alhambra

窓から眺めるグラナダの街

alhambra

広大な敷地内、ライオンのパティオがあるナスル朝宮殿は入場制限があるので、
ホテルの予約後、インターネットにてチケットを予約していおいた。

alhambra

当日券を求めて並んでいる人の列もあったから、
やはり前もって予約できるものはしてい置いた方がいいのは何処でも同じらしい・・・

alhambra

アルハンブラの敷地内にあるパラドールで休憩
本当はここに宿を取りたかったのだけど、生憎満室だった

alhambra

ナスル朝宮殿の入場時間が10:30
昼も過ぎれば気温もグングン上昇
写真を見ると気持ち良い青空が広がっているけど、

alhambra

アンダルシア入りしてから1週間、午後はシエスタしているとはいえ、連日40度超えの気温は
だんだん体力も消耗!
一度腰を下ろしてしまうと、再度歩き出すのも気合がいる・・・・

alhambra

少し離れた所にある夏の離宮ヘネラリフェ

alhambra

贅と命の象徴、”水”
庭園内には水路、噴水があちこちに

alhambra

ここ数年、年に何度か中東に行っているけど
廻廊に囲まれた水路や噴水を見ると贅沢だなぁ~と思うし、とても心癒される

alhambra

最も古い部分はアルカサバ、アルハンブラの前身とされる砦は9世紀に建てられた

alhambra

見張り塔から街が綺麗に見渡せる。

つづく・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK