sponsored Link

エディンバラでパブを探して・・・・

イギリスの酒場Public House (パブリック・ハウス)の略”パブ”でビール片手にパブメシを食べようと
陽が沈んだ頃にエディンバラの街へ出る

cimg8222

あちこちにあるはずのパブなんだけど、
何処に行ってもすでにフル、フル、フル・・・・・

cimg8024

席に着いてパブメシが食べれなくても、カウンターで一杯なんて思っていても

cimg8023

東京の朝のラッシュ時のことく人でごった返す店ばかり・・・・

cimg8006

週末という事と、ラグビーの大会が重なったことでスゴイ事になっていたのかもしれないのだけど・・・

cimg8232

歩いて、歩いて、パブを探して三千里と言ってもいいくらいに歩いて
やっと見つけた一軒は作家博物館近くの小さな入り口のパブ
ちょうど一番奥に席が空いていて、すかざす陣取った!

cimg8234

低い木の天井が古さを物語っている。

cimg8237

1日目であわやパブ難民になりかけたので、2日目の晩はパブ探しはやめておいた。
だって、昼間っからすでにフルなんだから・・・・・

dsc05787
狼男でも出てきそうな月がセント・ジャイルズ大聖堂を照らしていた

1948年以来の最も地球に近くて、最も明るくて、最大と言う今年のスーパームーンを翌日に控えていたので、
相当の明るさのあったほぼ満月をエディンバラの街で見ることができた。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK