sponsored Link

エディンバラのラグジュアリーなホテル、ザ バルモラル ホテル

エディンバラでの宿は1902年にオープン110年以上の歴史あるザ・バルモラルホテル

cimg8209

プリンセスストリート沿い、一際目立つ時計塔のあるクラシカルな建物

cimg8207

ウェーバリー駅横にあって全てにおいて便利な場所に位置している

cimg8029

民族衣装を着た老紳士が立つ古びた回転ドアをくぐると、
この時期(11月の第一次世界大戦終了記念)は赤いヒナゲシの花のオブジェがロビーにあった。

img_3987

そのまま真っ直ぐ進むとアフタヌーンティールームのパームコート
その奥にスパとプールがある

img_3995

ホテル内にはミシュラン星付きのレストランNumber Oneがあるので、チェックイン時に予約をしようとしたら、
2晩とも生憎満席、日曜はランチの営業はしていないという事で、
パームコートでアフタヌーンティーをしたのだ。↓

バルモラルホテルのパームコートでアフタヌーンティー

cimg7993

勿論エレベーターがあるけれど、ステンドグラスがはめ込まれた階段も素敵!
踊り場にはグランドピアノ、先にはロビー吹き抜け部分のテラスに出る

cimg7996

テラスから見るロビー

img_3984

朝食はHadrian’s Brasserieにて、

img_3970

スコティッシュスタイルとコンチネンタルとどちらか選べるビュッフェ

img_3974

ハイランドのホテルでヘビーなスコティッシュスタイルの朝食を頂いたので、ここではコンチネンタルをチョイス。
スコットランド、一つ残念だったのが、何処で飲んでもコーヒーが不味かったこと!
ホテルで飲んでも今一だったのだ!、
だからなのか?ヨーロッパにあって、コスタコーヒーやスタバが目に付いた。
(自分が欲していただけなのかもしれないけど・・・・)

興味もないので本を読んだ事も、映画も見た事がないのだけど、
巷では有名なハリー・ポッターの作者J.K.ローリングが、

ハリー・ポッターの最終章をこのザ・バルモラルホテルで執筆したと、
ネットでこのホテルの検索をしていると出てくる。

お部屋へと続く・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK