sponsored Link

ランスでシャガールのステンドグラスを見てみよう!

初めてのシャンパーニュ地方、ワイナリー巡り飲んでばかりではなく、せっかくなんだから
有名なランスの大聖堂でも見に行ってみようとランスまでやって来た。

火事にあった教会の代わりに建てられた大聖堂は百年戦争で建設が中断したり、フランス革命で彫像が壊されたり、第一次世界大戦では大打撃と破壊されてばかり!今も一部修復途中らしい・・・・

正面ファサードのエントランス部分が修復中だったけど、きっとこれはWW1とは関係ない修復だと思う。

祭壇の奥の方に青いステンドグラスが見えた

近くまで寄ってみよー

青が美しいステンドグラスだけど、シャガールの絵って好きじゃなかったんだ・・・・・

お隣の万華鏡みたいな方がよっぽどいいかもしれない・・・・

ステンドグラスの美しさならパリにあるサント・シャペル教会の方が数倍キレイだと思う。

大聖堂を出て、シャッターが半分下りたツーリストインフォメーションに駆け込んだ!
今晩のディナーの予定を決めてなくて、宿泊していたホテルからは電話があって、
ホテルで食べるのであれば軽食を用意すると言われたけれど、お断りしていたので、
どこかで探さなければいけなかった。

美味しいお店は地元の人に聞くに限る!と、
インフォメーションセンターのお兄さんに聞いたお店が大聖堂すぐ近くのお店だった。

マムをグラスで一杯だけ・・・・

お味の方は今ひとつだったんだけど、8月の祝日ともあって営業している店も少なめだったランスの町、
次から次へとお客さんがやって来て、予約していない人は断られていたほどだった。

ランス発祥のBiscuits roses de Reims(ビスキュイ ローズ ド ランス)を使ったデザート。

ランスの街を歩くと目に入るピンクのお菓子
シャンパーンに浸して食べるのが基本らしい。

シャンパーニュはエペルネーや小さな村のワイナリーを訪ねて回る方が楽しい!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK