sponsored Link

シャンパーニュでの宿Le Clos des Terres Soudeesでのお部屋

シャンパーニュでの宿Le Clos des Terres Soudeesでのお部屋

出発の3日前に決めた8月のシャンパーニュ&パリ行き。
パリのRitzが満室で泊まれなかったのと同様にシャンパーニュで泊まってみたかったLes Crayeresも満室だった。
他の良さそげな処も軒並み満室、で最後に決めたのがLe Clos des Terres Soudees.

チェックインを済ませ、案内されたお部屋がこちら

ベッドボード上黒いいオブジェ。何かと思ったらこれブドウの木だったのだ・・・・

5室全部に名前が付いていて、この部屋はLa Vignerie(ワイナリー)

ベッド前には大きなヴィンヤードの写真

ナチュラルカラーと黒、ホテル全体のトーンがそうなんだけど
トーンが暗めで(良い意味で)落ち着く

小さなマドレーヌはビスキュイ ローズ ド ランスの色

黒の引き戸を開けるとベッド横にバススペース

奥にイタリアンシャワー、wシンク。

アメニティーはCharles Aurelと加盟しているシャトー&ホテルコレクションのもの

1週間ぐらい滞在しても大丈夫そうなウォークインクローゼット

おトイレはシャワーブースとは別

同じフロワーにサロンがある。

コチラにウエルカムドリングを用意していくれた

もちろんコチラのシャンパン

この日は散々飲んできたので、もう体の水分がシャンパンになりそう・・・・・

あちこちにポートレートが飾ってあって、ご先祖様なのかしら?
気になっていたけど、聞くの忘れたしまった。

このサロンは1階同様にグループでの試飲会にも使用するのだろうなぁ~
ちょっと排他的な隠れ家っぽくてカッコいい!

朝食はレセプションのある1階で

家族経営のコチラのホテル。
ゲストハウスとして改装する時に現オーナーのお爺さんが作った地下のケーブが一部ガラス張りにする事で見える様になっている。

レストランはないので、シンプルにハムにチーズ、フルーツ、そして美味しいフランスパン。

うる覚えだけど、確か5年ほど前に改装を終えてゲストハウスとしてスタートしたと言っていた。
勿論プロに頼んだと言っていたけど、ホント素敵にリノヴェートされていた。
大型ホテルと違って、こう言ったホテルはお家の改装&インテリアの勉強になる。

ブドウの収穫時期には収穫体験もできるらしい・・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK