sponsored Link

初秋のサンテミリオン

初秋のサンテミリオン

1カ月程前になるけれど、長めの週末をフランスのサンテミリオンで過ごしてきた。何度も来ている素敵な村だけれど、いつ来てもチャーミング!

空港に着くなりブリュッセル発ボルドー行きのブリュッセル航空が1時間の遅れとのアナウンスが出ていたのでラウンジのThe LOFTへ

1時間半程のフライトなのでここでランチを済ませてしまった。

ノイハウスの方もいらしゃって、ショコラの甘い香りがしていた。

何度も来ているけれど、秋に来たのは初めてかもしれない・・・・

前回はクリスマス時期で村が空っぽだったのを覚えている。

オステルリー ド プレザンス冬はクローズになるので、今回はここに泊まると決めていた。

サンテミリオンにある本館ではなくて、オーナーであるシャトー パーヴィの中

部屋の窓からはブドウ畑を見下ろせる美しい景色。

朝な夕なにブドウう畑の周りを散歩するのがとっても気持ち良くて、道端には秋の花コスモスも咲いていた。

まだまだ緑の葉の方がほとんどだけれど、所々色づき始めていた。

昨年はポルトガルのドウロ渓谷、その前はドイツと偶然にも秋はブドウ畑のある場所で過ごしているけれど、やはり秋色に染まったブドウ畑は綺麗!

プチパリと呼んでいるボルドーの街にもお買い物へ出かけた。

パリに住むより美味しい物一杯でエレガントなボルドーの方がいいなぁ~

美味しい物と言えば、サンテミリオンから車で1時間半程カップフェレへ

以前にも牡蛎を食べに来ている。

暖かな週末とあってどこも沢山の人で賑わっていて、生憎海辺の席には座れなかったけれど、美味しい海の幸に大満足!

牡蛎が本当に美味しい・・・・・当たり前だよね~目の前で牡蛎が捕れるんだもの・・・・

別に満月を狙って旅しているわけではないのに、旅先で満月に当たる事が多い私達。西の空がまだ明るい頃、サンテミリオンの村の屋根の間から登った満月を見た。雲に邪魔されて上手くズームした写真が撮れなかったけれど、雲のない空だったら美しい絵が取れたかもしれない・・・・

風の強かった夜はモノリス教会の鐘楼の横に雲の合間から見え隠れするミステリアスな月が見えた。狼男が出てきそうだよ・・・・・

今回シャトービジットはしなかったけれど、サンテミリオンの辺りはシャトーシャバルブランを始め美しいシャトーがあちこちに点在していて、ドライブしているだけでも楽しい。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK