sponsored Link

天安門広場 ~激動の歴史を見守ってきた世界最大の広場~

北京のシンボルとも言える、この広大な広場の前、毛沢東の肖像画を中央に配し『中華人民共和国万歳』の文字

Beijing 04.2011 010

片側8車線の広い通りを挟んで立つのが天安門

Beijing 04.2011 014

Beijing 04.2011 019

毛沢東が新しい国家の成立を告げた場所は紫禁城の正門

Beijing 04.2011 024

天安門広場の南にあるのが、前桜とかつての北京内城の正門だった正陽門

Beijing 04.2011 463

Beijing 04.2011 465

beijingDSC_0695

そばに来ると、何もかもが大きい

beijing

広場の中央にある人民英雄記念碑が青空に映える、向こうには中華国家博物館。

Beijing 04.2011 006

警備官達は皆まだ幼い顔をしていて・・・・まるで真新しい制服に袖を通した中学生の様だった

Beijing 04.2011 468

Beijing 04.2011 471

夕暮れ時の広場
日の出には国旗掲揚、日の入りに合わせて国旗降納

Beijing 04.2011 473

朝の掲揚時には100万人収容の広場が満員になる時もあるのだそう・・・・・
丁度、国旗降納の時に見る事が出来た。周りを見渡すとかなりの人出!!!

Beijing 04.2011 489

あんなにいた人達がいなくなり、清掃員達が速やかに清掃!

Beijing 04.2011 490

そして、広場は立ち入り禁止になる・・・・・

Beijing 04.2011 488

鮮やかなオレンジ色の瓦屋根の門は日が暮れるとライトアップされ

Beijing 04.2011 158

警備員が四六時中見守る・・・・

Beijing 04.2011 492

良いにせよ悪いにせよ、歴史に残る政治家達は色々いるけど、
個人崇拝されるほどのカリスマ性を持つ人ってどんななのかしら???

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK