sponsored Link

インレー湖でパダウン族(首長族)に会った!

中国の雲南省、ラオス、タイと国境を接するシャン州にあるミャンマー最大の湖インレー
標高900mにある高原地帯、周りを山々が囲み、朝晩はかなり肌寒い。

Myammer 02.2012 1084

木製のボートが自転車感覚の庶民の足代わりになっていて

Myammer 02.2012 969

ここに元から住んでいるインダー族の漁師の男性は1本の足で艪を漕ぐ

Myammer 02.2012 1093

脇にはさみ、足にからめて・・・・起用に操る

Myammer 02.2012 1090

bagan

湖のまわりを山が囲み、ゆったりと時間が流れるインレー湖は本当にピースフルだ

bagan

足で漕ぐのは男性だけで、女性は普通に手で漕いでいる

bagan

Myammer 02.2012 1211

乾季には水深2m程しかない浅い湖で、浮草を利用したフローティング・ガーデンでは
トマトなどの野菜を栽培している。ホント生活の知恵!

bagan

生活の全てが水の上にある、洗濯、食器洗い、身体を洗う、etc・・・・

bagan

10年位前にカンボジアでアンコールの遺跡群を見た後に、トンレサップ湖にクルーズに出た事があったけど、
ただただ貧しい湖上の生活をしている人達という印象だったので、
事前調査をしていなかった私は、きっとここもトンレサップと同じなんではないかと思っていたのだ・・・

bagan

ここは皆の生活が生き生き輝いているように見える

Myammer 02.2012 1011

周辺の人達は綿や、シルク等を紡いで色付けをして織あげていく仕事に従事してる人も多いい(ほとんどがお土産用)
中でもめずらしいのが、蓮から出る繊維で作ったもの、
あのレンコンを思うと『へぇ~』と思うが、よった糸はかなり丈夫で麻の様な色をしていた。

Myammer 02.2012 1015

こんな所でも電気は通っているからテレビだってみられる!

Myammer 02.2012 994

湖上のレストランでランチタイム

Myammer 02.2012 998

どれも美味しい

inle

出来る限り違う銘柄を試してみたビールは、やっぱりコンテストでも入賞しているミャンマービールが一番!

inle

湖畔にたつ水上寺院には小さな5体の仏像が安置されているのだけど、
信者によって貼られた金箔で、だるまの様になってしまっていて、これでは
仏像なのか何なのか全然わからなくなっている・・・・

inle

いくら敬虔な信者でも女性が立ち入る事が出来ないスペース、
仏教徒でもなくとも男性ならOKだと言うことで、Benoitも入って金箔を貼りに行った。

Myammer 02.2012 1194

そして、一軒の小さな土産物屋で見たパダウン族と呼ばれる首長族の女性達に会った!!
シャン州の南にあるカヤー州から移動してきた8家族の内の数人だけど

Myammer 02.2012 1188

小さな女性たちは首とひざ下にたくさんの真鍮が巻かれていて、腕にも銀のブレスレットを重ね付けしている
私もアクセの重ね付けは好きだけど、これはすごいなぁ~

inle

機織りしているお婆ちゃん達がここに座りなさいと、私を中に呼んでくれた!・・・キャー
I said that “It’s so beautiful!” and She said “Yes,it’s beautiful”
年齢を重ねたシワシワの手から織られる生地は『匠の技』とでも言うべきか、本当に綺麗だった・・・

Myammer 02.2012 1186

5歳になったら付け始めて、事あるごと真鍮を足していくのだそう・・・・

inle

子供の頃に『タイの山奥に住む首長族!!』何て言う探検番組を見たのを鮮明に覚えていて、
(川口 浩が~洞窟に入る~カメラさんと照明さんの後から入る~・・・)っていう歌
知ってる人は少ないかなぁ~

inle

彼らはタイの北部に住んでいると言うのを知っていたけど
地図を見たら、カヤー州はそのタイの首長族が住む村メーホーンソーンに程近い!
なるほどね~

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK