sponsored Link

福建客家土楼 ~大家族の共同生活~

23,000程とも言われている福建省の土楼は、そのほとんどが龍岩市の永定と漳州市の南靖の山岳地帯に集中しているのだそう。

Xiamen 04.2012 137

泊まっていたホテルからも程近い、永定の下洋鎮の初渓( Chuxi)村

Xiamen 04.2012 138

Xiamen 04.2012 214

段々畑とバナナの木に囲まれ、

Xiamen 04.2012 141

谷には小川が流れ、川のせせらぎに耳を傾ければ風情がある

Xiamen 04.2012 146

この村の中で最古で最大の円形土楼は集慶楼(Jiqinglou)は、1419年の明代に建てられたもの。
(全ての土楼の入口には名前が書かれている)

Xiamen 04.2012 154

今は博物館になっていて、

Xiamen 04.2012 156

実際に中に入れる

Xiamen 04.2012 150

Xiamen 04.2012 170

どの土楼にも真ん中に一族の祖廟があって、ここで結婚の儀式等もするのだそう

Xiamen 04.2012 155

苔むした瓦屋根

Xiamen 04.2012 163

1階は台所、2階には穀物保管庫、3、4階は居室と寝室

Xiamen 04.2012 188

住民が住んでいる土楼には、いつかの食卓に乗るのであろう鶏がウロチョロ

Xiamen 04.2012 189

お婆ちゃん昼ご飯の準備中

Xiamen 04.2012 251

初渓村を離れ、”土楼の王”と呼ばれる承啓楼 (Chengqilou) へ

Xiamen 04.2012 218

今までは静かにゆっくりと、ほぼ貸し切り状態で見学出来た土楼群も、此処はアモイから1dayツアーで来る観光客も多く、
3連休初日ともあって、かなりの人だった。

Xiamen 04.2012 232

航空写真を見ると、円形の土楼が4重になってるのが分かる

Xiamen 04.2012 224

各階72部屋の4階建てで計288部屋

Xiamen 04.2012 226

今でも300人近い人が住んでいるのだそう・・・・

Xiamen 04.2012 230

正に衣食住を共にする共同生活で、
すべての部屋は同じサイズ、同じ材料等、同じ内装、同じ窓や同じドアで造られてる。

Xiamen 04.2012 235

こんな暮らし、私には絶対無理だなぁ~
今の若い子は都会に出てしまうと言うのも、納得だ・・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK