Amanfayun ~杭州の隠家 アマンファユン~

2度目の杭州、前回は湿地公園横に立つバンヤン・ツリーに泊まったので、
次に杭州に行くならアマンに泊まってゆっくりしたいと思っていた・・・

Hangzhou 06.2012 302

緑深い道なり、茶館が並ぶ龍井村の道を抜け、小路に曲がるとそこが法雲弄

Hangzhou 06.2012 303

車寄せから少し歩くとレセプションのある家につく

Hangzhou 06.2012 031

美味しい緑茶を頂く

Hangzhou 06.2012 032

北京のアマン、サマーパーレスが西太后の謁見を待つ人達の宿場だったなら、
杭州のアマンは緑茶で有名な地の茶畑に従事する人達が住んでいた100年程前の村。

Hangzhou 06.2012 057

周囲を山に囲まれひっそりとした村、昔のままの住居40数軒が、
アマン流のラグジュアリィなテラスハウスに改装さて、村ひとつがアマンリゾートに生まれ変わった。

Hangzhou 06.2012 071

メインの通りの法雲弄沿いには小川が流れ
小路をまっすぐ歩いて行くと杭州でも有名な霊隠寺に出る。

Hangzhou 06.2012 076

北京のアマンでもそうだったように誰もいないプール

Hangzhou 06.2012 085

二人貸し切り状態!

Hangzhou 06.2012 090

しっとりと静かな時の流れを楽しむには最高の場所

Hangzhou 06.2012 077

プールがあるSPAエリアにはジムはもちろんヨガの部屋や貸切で使えるお風呂もあったりするから、
湯船につかって、ゆっくり~なんてことも出来る!

Hangzhou 06.2012 092

SPAメニューもホットストーンならぬ、ホットバンブーマッサージがあった

Hangzhou 06.2012 117

緑豊かな山間にあるから車の騒音や雑踏から離れ、
聞こえてくるのは鳥のさえずりに時折なるお寺の鐘の音だけ、

Hangzhou 06.2012 119

ラウンジのスペースになってるファユンプレイスでは

Hangzhou 06.2012 124

2階の贅沢なライブラリーでごろんと本を読むもよし

Hangzhou 06.2012 290

Hangzhou 06.2012 286

3時~5時はアフタヌーンティーのサービスも!
リゾートを出発する前に、ここで二人で本を読んでいたんだけど
3時前なのにコーヒーを運んでくれた!

Hangzhou 06.2012 296

多分、前日に此処に来た時に
『明日は3時半少し前には出発しないといけないから、ゆっくりお茶は出来ないな~残念・・』と
言ったのを覚えていてくれたんだと思う・・・・アマンのホスピタリティーはここでも顕在!

Hangzhou 06.2012 295

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK