sponsored Link

セビージャの街歩き Vol.2

バスに乗ってセビージャの歴史地区外へ

sevilla

以前万博が開かれたこともあってパビリオンとして建てられた物がそのまま使われていたりした

sevilla

マカレナ地区でバスを降り散策

sevilla

アンダルシアの議事堂近くに古い城壁が残っている

sevilla

観光客で溢れた歴史地区と違い、

sevilla

地元の人達が普通の生活を送っているエリア

sevilla

黄色のマカレナ教会は

sevilla

大粒の涙を流しているマリア像が有名なんだそう・・・

sevilla

sevilla

シエスタ前に

sevilla

泊まっていたホテルの近くにある

sevilla

ピラトの家に寄った

sevilla

ここのパティオも又美しい

sevilla

そのお隣、サン・レアンドロ広場にはサン・レアンドロ修道院があるのだけど、

sevilla

セビージャへ行く前にBenoitが同僚から面白そうな情報を仕入れて来た。
ここの修道院で作っているYemaイエマというお菓子が有名で
買い求めるのに、修道院の扉を開けてもらう為には合言葉がいるんだそう!

遊び心を刺激される!
トライしてみようよ!と意気込んだんものの
その肝心の合言葉を覚えてないそうで・・・・

お菓子そのものは中が卵黄で、外をシュガーコーティングしたとびっきり甘いお菓子なんだそう
別にお菓子が食べたいわけじゃ無くて、知らない土地にきて合言葉で扉を開けてもらう事がしたかっただけなんだけど

1度目に来た時は結局合言葉は分からなくて退散!
2度目に前を通った時には修道院前に人が大勢待っている・・・
しばらくすると、扉が開いた!
もしかして・・・と思ったら
お葬式のミサが行われるところだった・・・
そんな時に「あの~~お菓子が欲しいんですけど・・・」等と聞けるわけもなく撃沈・・・

sevilla

後にホテルのチェックアウト時にスタッフに
サン・レアンドロのお菓子に付いて聞いたら
あ~合言葉が必要なんでしょう・・・・
彼も知っていたらしく、教えてくれた!
向こうが「Ave Maria」と言ったらこちらが「%&$#=+<&7?・<・・・・・」と答える

sevilla

結局チェックアウト後は次の目的地に気持ちが向かっていて
セビージャの劇甘お菓子getは又の機会のお楽しみに取っておくことにした・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK