sponsored Link

セビージャの街歩き Vol.1

街を歩くと言っても、アンダルシアの夏はとても暑い。

sevilla

7月、夏真っ盛りの日中は42度位まで上がったので、

sevilla

ランチを取った後はホテルでシエスタ、陽が傾いた頃また街に繰り出す。そんなの繰り返しだった・・・

sevilla

変わった建物が次から次へと出てくるセビージャの歴史地区は

sevilla

sevilla

街歩きが楽しい

sevilla

上を向いたり、振り返ったり

sevilla

素敵な建物が一杯!

sevilla

何気なく通り過ぎる一般の方の家がとっても素敵だったりする

sevilla

ホテル並みに素敵なお家に遭遇・・・羨ましい・・・・

sevilla

歴史地区のはずれにある世界最大の木造建築 エスパシオ・メトロポール・パラソル
本当は駐車場にするはずだったのに、建築途中でローマ時代の遺跡が発見!
計画変更を余儀なくされ地下に遺跡の展示、上にショッピングセンター、最上階は展望台になったんだそう

sevilla

セビージャ最古のバル El RINCONCILLO

sevilla

伝票などない、カウンターにチョークで書き足していく
お勘定の時に、ササっと計算するのだ!
私だったら、いつも計算間違いしそうだ・・・・汗
(もちろん、ハモン・イベリコ・デ・ベジョーダ どんぐりを食べて育ったイベリア種の豚から作るハム
その豚の中でも、アンダルシアの町ハブーコ産が一番だそうで、
ハブーコ一帯には樫の樹林地帯があって伝統的な飼育方法=放牧に最適なんだそう)
このバルではなかったけど、アンダルシア滞在中にハブーコ産のハムを食べる事が出来た!

sevilla

街の至る所に大なり小なりの広場があってカフェやレストランがテーブルを出している
ある日の夜は、この広場で夕食をとった
ガヤガヤとアニメいてる他の広場とは違い
静かな広場には哀愁のあるギターの音と噴水の水の音。

sevilla

食事が終わる頃にはとっぷりと夜も更けているけど、
地元の人達の夕食時間はギリシャと同じく、9時半ごろから

sevilla
かつてはユダヤ人街だったサンタクルスの
迷路のような路地を抜けてホテルへと戻る

つづく・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK