sponsored Link

太陽照り付けるアンダルシアの玄関口セビージャ

スペイン南部、アンダルシアは
闘牛、オペラの”カルメン”、フラメンコ、シエスタ、白い村・・・・・
”情熱”という言葉で形容されるスペインのイメージそのままま
ずーっと憧れていたアンダルシアの旅は州都セビージャから

sevilla

街歩きは半円形の建物、Plaza de Espanaからスタート

sevilla

ガイドブックには多く書かれてはいないけれど、

sevilla

随所にタイルが張られていて美しい・・・・
セビージャ大学を通り過ぎ(ここは旧王立タバコ工場で”カルメン”の舞台となった場所)アルカサルへ

sevilla

イスラム文化に心底惚れていたペドロ1世が作らせた宮殿は

sevilla

スペイン各地からイスラム職人を呼んだのだそう

sevilla

マラケシュで何度も見たイスラム建築の美しさがここあった

sevilla

ペドロ1世と同じく私も水盤を囲む美しい中庭、イスラム建築のこの雰囲気が大好きだ

sevilla

繊細で優雅だと思う
家を建てるなら、リヤドの様に水盤のあるパティオ、それを囲む回廊のある家がいい・・・・夢の又夢だけど

sevilla

レコンキスタ後(キリスト教徒による国土奪回)グラナダにはアルハンブラ宮殿、コルドバにはメスキータがある、
で、キリスト教徒の気勢を上げるため1世紀の年月をもかけて作り上げたのがセビージャの大聖堂で、
スペイン一の大きさ!

sevilla

ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次ぐ大きさで
その2つよりも古い大聖堂なのだ!

sevilla

大聖堂隣、セビージャのランドマーク的存在のGiralda

sevilla

元はモスクのミナレットだった塔を登れば、セビージャの街が一望できる

sevilla

オレンジの中庭、木にはまだ青い実が沢山ぶら下がっていた

sevilla

上から見たオレンジの中庭を抜けて迷路のような街に戻る

sevilla
主な建物を見たら、あとは気ままに街を歩くだけ・・・・

つづく・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK