sponsored Link

ドルドーニュ川沿いの隠家的プチシャトー、Chateau de Courtebotte

2014年の冬依頼2年ぶりのドルドーニュ川沿いのプチシャトー

シャトー

初めてここに泊まったのが2013年、3度目の滞在になる。

シャトー

小さなSaint-Jean-de=Blaignac村の外れにある静かな隠家

シャトー

ボルドーも旅行シーズンが始まり、週末は満室だった

シャトー

庭に小さなオリーブの木が植わっていたり、庭が少し変わっていた

シャトー

まだ少し早いけど、プールも準備OK!

シャトー

今回もBenoitの両親と一緒なので、以前に泊まって勝手が分かるこのシャトーにしたのだけど、P&M達の部屋は前回と同じく離れ

シャトー

で、私達が案にされた本館の部屋も前回と同じだった!

シャトー

フィッシャーピンクのエマニュエル夫人チックなソファーが窓際と暖炉の前に鎮座する”Concert”と言う名の部屋

シャトー

シャトー内は相変わらず、素敵!

dシャトー

変わった事と言えば、ボルドーの郷土菓子カヌレのプチギフトがお部屋に置いてあったことかなぁ~
このカヌレはオーナーのIsabelleのお手製!
朝食時に焼きたてが出てくることも・・・・
帰り際にも沢山もらったので、ブリュッセルに戻って1週間毎日カヌレを食べ続けたのだ!

いつもはだいたい3,4泊だけど、1週間の滞在となった今回も大満足!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK